新4K衛星放送に対応したAIoT液晶テレビ「AQUOS 4K」

シャープは9月27日、新4K衛星放送に対応したAIoT液晶テレビ「AQUOS 4K」3機種を発表した。発売日と税別の実勢価格は、60型の4T-C60AN1が11月17日に28万円前後、50型の4T-C50AN1が11月17日に20万円前後、45型の4T-C45AL1が12月22日に15万5000円前後で発売する。

新製品はBS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、新4K衛星放送を視聴しながら別チャンネルの新4K衛星放送を別売の外付けHDDに録画できる。

また、昨年から「AQUOS 4K」に搭載した、AIoTで家族の視聴傾向を学習する「COCORO VISION」が進化。自治体やイベント主催者約1万7000団体から収集した情報や休日に出かける先を家族のスケジュールを、リモコンのマイクから音声で簡単に登録できる新サービス「COCORO CALENDAR(ココロカレンダー)」に対応。11月からサービスを開始する。

高画質技術では「AQUOS 4K Smart Engine PRO」を搭載。8K対応AQUOS向けに開発した、臨場感豊かに表現するアップコンバート映像処理技術「4K-Master アップコンバートプロ」や、新4K衛星放送で採用される色域ITU-R BT.2020に迫る豊かな色域で表現する「リッチカラーテクノロジー」から構成される。また、新4K衛星放送で採用され、奥行き感や素材の質感を高コントラストに実現する4K HDR規格「HLG(Hybrid Log-Gamma)方式」にも対応した。

AN1ラインは、映り込みを抑えながら、つややかな黒色を表現する低反射の「N-Blackパネル」を採用している。画面の角度を30度、左右に調整できる回転式スタンドも採用した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます