新サービス「クックパッドマート」がスタート

クックパッドは、スマートフォンから簡単に注文できる生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」を利用できる無料アプリのiOS版を公開し、9月20日から東急東横線・学芸大駅周辺からサービスを開始した。

「クックパッドマート」は、従来のネットスーパーや生鮮宅配サービスとは異なり、街の精肉店や鮮魚店などの販売店、地域の農家といった生産者など、小規模事業者や個人事業主が参加できるプラットフォームとなる。

食材にこだわりを持った販売者から、その日に収穫した新鮮な農家直送野菜や、専門店でしか取り扱いのない高品質な食材を購入できるのが特徴。地域の店舗・施設などに設置される「受け取り場所」の中から選び、その店舗・施設の営業時間内なら好きな時間に受け取ることができる。なお、自宅への配送は行っていない。

アプリ提供時点での商品の受け取り場所は、学芸大学駅周辺の「なんでも酒やカクヤス 学芸大学前店」と「カラオケの鉄人 学芸大学店」の2店舗のみだが、今後は都市圏を中心に順次拡大していく予定。

参加する販売店・生産者は、鶏肉専門店 信濃屋(東京都品川区)、精肉柳屋(東京都世田谷区)、まぐろ専門店ととぶつや(東京都武蔵野市)、綾善(千葉県松戸市)、やすだ農園(東京都西東京市)の5店舗で、受け取り店舗同様、今後順次拡大していく。

支払いはクレジットカードで、買いだめせずに済むよう、送料は無料。公式サイト(https://cookpad-mart.com/)では、こだわりの食材と調理のコツを紹介している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます