ニコン、光学26倍ズームの乾電池対応コンパクトデジカメ「COOLPIX L810」

2012.2.9 12:00配信
COOLPIX L810

ニコンは、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX Lシリーズ」で、単3形電池に対応する光学26倍ズームの高倍率モデル「COOLPIX L810」を3月に、光学5倍ズームのエントリーモデル「COOLPIX L26」を2月16日に発売する。

「COOLPIX L810」は、35mmフィルム換算で22.5~585mm相当をカバーする光学26倍ズームのNIKKORレンズと、有効1600万画素のCCDセンサ、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を搭載。握りやすいグリップとサイドズームレバーで、安定感のある撮影ができる。カラーはブラック。サイズは幅約111.1×高さ76.3×奥行き83.1mm、重さはバッテリ、メモリカード込みで約430g。

「COOLPIX L26」は、エントリーモデルながら、有効1600万画素のCCDセンサ、光学5倍ズーム、大きく見やすい3型液晶モニタを搭載。「らくらくオート撮影」機能によって、簡単に高画質の写真を撮影できる。カラーはシルバーとレッドの2色。サイズは幅約96.0×高さ59.7×奥行き28.8mm、重さはバッテリ、メモリカード込みで約164g。

電源は、「L810」が単3形電池4本、「L26」が単3形電池2本。価格はともにオープンで、実勢価格は「L810」が3万3000円前後、「L26」が1万3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング