『第9地区』監督による新作映画の予告解禁

2015.2.20 9:38配信
『チャッピー』日本版ポスター

『第9地区』『エリジウム』のニール・ブロムカンプ監督が手がける最新作『チャッピー』の日本版ポスターと予告編映像が公開された。本作の主人公は“感じ、考え、成長する”人工知能AIを搭載されたロボット、チャッピーだ。

『チャッピー』予告編映像

このほど公開された予告編映像は、2016年の南アフリカ・ヨハネスブルグでチャッピーが誕生するところからはじまる。開発者が極秘で組み込んだ世界唯一のAI搭載ロボットとして動き出したチャッピーは、まるで子どものようにいろいろなことを吸収し、成長していくが、ある日、開発者とともにストリートギャングにさらわれてしまう。幼い子どものように善悪の区別がつかないチャッピーは、ギャングによって生きる術を教え込まれ、その姿を見た研究者たちから“兵器ロボット”として危険視される。

チャッピーを演じるのは、『第9地区』『エリジウム』に引き続きブロムカンプ監督とタッグを組むシャールト・コプリー。予告編映像にはヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーバー、デーヴ・パテルらも登場する。

予告編の最後に「僕は生きたい。死にたくない」と言葉を残すチャッピー。ブロムカンプ監督は“人工知能の進化は、人類の理想なのか?”というタイムリーな問題にどのような答えを出したのか? 映画は5月23日(土)より公開される。

『チャッピー』
5月23日(土)丸の内ピカデリー他全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング