主人公・西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平

 NHK大河ドラマ「西郷どん『第37回江戸無血開城』」の試写会が27日、東京都内で行われ、主人公・西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平と、幾島役の南野陽子、制作統括の櫻井賢氏が出席した。

 「江戸無血開城」を描く今月30日放送の第37回では、“戦いの鬼”となり、江戸に軍を進める吉之助。江戸総攻撃が目前に迫る中、江戸の街を救うように天璋院(北川景子)と幾島(南野)、そして、勝海舟(遠藤憲一)に強く説得され、吉之助は大きな決断を迫られる。

 鈴木は「歴史のハイライトとなる大きなシーン。僕らも並々ならぬ気合を持って臨みました」とアピール。勝が持ちかけた「無血開城」に吉之助がどのように応じるのか、鈴木自身、注目していたという。「台本を開いた時に書いてあったのは“長い間”(というト書き)。そして『わかりました』というせりふ。その“長い間”をどう埋めるか。何の“長い間”なのか…? 監督と、遠藤憲一さんとかなり話し合って、今回のシーンのようになりました」と話した。

 同放送では、吉之助が3人の人物(天璋院、勝、慶喜)と一対一で向き合うシーンが描かれる。鈴木は「その3人を吉之助がどう“受けて”いくのかが見どころの1つ。これから吉之助は“攻める人間”でなく“受ける人間”になっていく。『鈴木亮平の受ける力を100パーセント発揮してほしい』と言われ、僕の中でもそれを意識してやりました」と振り返った。

 無血開城の後には、吉之助が多数の本に囲まれて過ごす“束の間の休息シーン”も。鈴木は、「二宮尊徳さんの本などもありました。僕の写真集、その横に北川景子ちゃんの20歳ぐらいの時の写真集も置かれていて現場が和みました」と裏話を披露。「本番ではさすがに取っていますが、リハではありましたね。南野陽子写真集もあって、素敵な幾島様がいらっしゃいました」と明かし、南野は「申し訳ありません」と苦笑していた。

 そんな南野は今回でクランクアップ。「とにかく皆さんが温かく迎え入れてくださった。幾島を演じた歴代の方たちは素晴らしい人たちで到底及ばないが、自分なりに楽しくやらせていただきました」と感謝の気持ちを述べていた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます