発禁本となった暗黒文学『マンク』が映画化。ポスター画像が解禁に

2012.2.9 14:52配信
公開された『マンク~破戒僧~』のポスター画像

17世紀のカトリック教会を舞台にした暗黒文学で、あまりに過激な描写のため160年間禁書とされていたマシュー・G・ルイス著の『マンク』が映画化され、ポスター画像がこのほど解禁になった。

その他の写真

『マンク~破戒僧~』は、赤子のときに親に捨てられ、修道院に育てられた男が立派な僧へと成長するも、自身の出生の謎に苦悩する日々から解放してくれる美しい女の誘惑にかかったことで破戒僧となり、あらゆる悪徳に身を沈めていくまでをスリリングに描く。主演は『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル。

欲望に目覚め、破戒僧へと堕ちた男が黒魔術、強姦、窃盗、殺人に手を染めていく描写が残虐かつ背徳的とされ、発表当時(18世紀)は激しい非難を浴びた本作。いわゆる“ゴシック・ホラー”の先駆けとも言える作品で、1972年にルイス・ブニュエルの脚本で映画化された後、1990年にイギリスでリメイク版が製作され、今回で3度目の映画化となる。映画では原作で描かれる不気味な森、古城に出没する幽霊、地下迷宮のような墓地が登場し、17世紀の幻想的な情景がみごとに再現されている。

このほど解禁されたポスターには「聖職者は悪の化身となった」とあり、自分の身を隠すようにマントを覆うヴァンサン・カッセルの姿はまるで罪から逃れようとしているかのよう。厳しい戒律に縛られ、抑えられた欲望が解放したとき、男はどう堕ちていくのか。『マンク~破戒僧~』は3月24日(土)より公開。

『マンク~破戒僧~』
3月24日(土)より、シアターN渋谷ほかにて全国順次ロードショー
(C)photo Mickael Crotto

いま人気の動画

     

人気記事ランキング