キヤノン、光学12倍ズーム搭載のコンパクトデジカメ「IXY 1」「IXY 3」

2012.2.9 15:37配信
IXY 1

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「IXY」シリーズの新機種として、「IXY 1」を3月上旬に、「IXY 3」を2月下旬に発売する。

「IXY 1」は、有効画素数約1010万画素のCMOSセンサと、35mmフィルム換算で28~336mm相当の光学12倍ズーム、映像エンジン「DIGIC 5」を搭載。鏡筒の沈胴時にプリズムが待避して、空いたスペースにレンズを収納する「屈曲沈胴プリズム待避鏡筒」でスリムボディを実現した。ボディには、古くから芸術品や建造物などに用いられ、最も安定して美しいとされる黄金比(縦横比1.618:1)デザインを採用している。

従来の全自動撮影機能「こだわりオート」に、撮りたい人の顔や名前、誕生日を登録することで、撮影時に画面に映る複数の人物から撮りたい人を見つけて、ピントや露出を最適化する「個人認証」機能を新たに搭載する。

さらに、撮影した静止画や動画を、IEEE802.11b/g/n準拠のWi-FiでスマートフォンやPC、同社のWi-Fi対応カメラなどに送るワイヤレス送信機能を搭載。会員制サイト「CANON iMAGE GATEWAY」に登録すれば、撮影した画像をWi-Fi経由でサイトにアップロードできる。

手ブレ補正機能は、撮影状況に応じて最適な効果が得られる「マルチシーン IS」を搭載。「こだわりオート」と組み合わせることで、最大205パターンのシーンを判別する。

対応メディアは、microSDXC/microSDHC/microSDカード。サイズは幅85.8×高さ53.5×奥行き19.8mmで、重さは約163g。カラーは、ホワイト、ブラックの2色。価格はオープンで、直販サイト「キヤノンオンラインショップ」での価格は3万9980円の予定。

「IXY 3」は、「IXY 1」と同様に有効画素数約1010万画素のCMOSセンサと、35mmフィルム換算で28~336mm相当の光学12倍ズーム、映像エンジン「DIGIC 5」を搭載し、「屈曲沈胴プリズム待避鏡筒」を採用し、スリムボディを実現している。

本体デザインには黄金比デザインを採用し、「こだわりオート」に「個人認証」機能を搭載する。

対応メディアは、microSDXC/microSDHC/microSDカード。サイズは幅87.1×高さ53.9×奥行き19.2mmで、重さは約155g。カラーは、シルバー、レッド、ブルーの3色。価格はオープンで、「キヤノンオンラインショップ」での価格は3万4980円の予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング