マカフィー、「McAfee Application Control」の最新版、企業のデスクトップも保護

2012.2.9 16:11配信

マカフィーは、2月7日、不正なアプリケーションを排除するセキュリティ製品「McAfee Application Control」の最新版を発売した。最新版は、グローバル脅威情報サービス「McAfee Global Threat Intelligence」に統合し、企業内のすべてのファイルのレピュテーション表示に対応。ホワイトリスティング機能を搭載した。

クラウド上のファイルレピュテーション・ナレッジベースを利用して、アプリケーションのよしあしを判断し、マルウェアが誤ってホワイトリストに記載されていないかを調べ、レピュテーションのないファイルを強調表示する。

また、システムの修正や更新に合わせてホワイトリストを拡大する「ダイナミックホワイトリスティング」機能に対応し、手作業によるホワイトリスト更新の手間を軽減する。

さらに、メモリの保護によって、ホワイトリストに記載の存在する脆弱性が含まれている可能性のあるプログラムが、バッファオーバーフローなどの手段によって利用されないようにすることができ、複雑な脅威がホワイトリストを回避するのを防ぐ。

新バージョンは、デスクトップ固有のエンドユーザーへの通知や承認申請などの機能を企業のデスクトップに提供。また、許可したアプリケーションだけを、企業サーバやエンドポイント端末で動かすことができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング