ソフトバンクPepper27日に発売、税別19万8000円で300台限定、開発者向けに

2015.2.23 17:30配信
パーソナルロボット「Pepper」

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクモバイルは、感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を、開発者向けにウェブサイトとソフトバンク表参道で2月27日の午前10時に発売する。初回生産分300台の申し込み受け付けを開始し、このうち30台をソフトバンク表参道の店頭で受け付ける。次回生産分以降の販売は2015年夏頃の予定。

Pepperは、周囲の状況を把握しながら自律的に判断して行動し、人の表情と声のトーンを分析して人の感情を推定できる人型ロボット。初回生産300台の申し込み受け付けは、開発者が対象で、所定の数に達した段階で終了する。抽選になる場合もある。なお、2014年9月のデベロッパー先行モデル抽選販売で落選した人を優先して販売する。

本体の税別価格は、19万8000円。本体にはカメラ、マイク、ディスプレイ、各種センサなどを搭載。ソフトウェアは、各種センサやサーボなどを制御し、ロボットを制御する「NAOqi OS」、自律行動をサポートする基本フレームワーク「Autonomous Life」、衝突防止やオートバランスなどのセーフティ機能を備える。開発環境「Choregraphe(コレグラフ)」は、高度なプログラミング知識がなくてもロボットをコントロールしたりアプリケーションを開発したりできるシンプルなGUIが特徴。また、1350を超える豊富なロボットAPIを用意する。

本体だけでもアプリ開発などを行うことができるが、何も入っていないPCのようなものなので、Pepperとの日常生活を楽しむには「Pepper 基本プラン」への加入が必要。なお、本体だけの購入は、店頭での申し込みに限る。

「Pepper 基本プラン」の税別料金は、1万4800円×36か月。このプランに加入することで、クラウドの音声認識エンジンを活用した会話機能が利用できるほか、写真を撮影するアプリ「写真とって!」や、Pepperに伝言を残しておくと家族に伝えてくれるアプリ「伝言ペッパー」などの「ベーシックアプリ」を自動でダウンロードして利用できる。

また、「Pepper 基本プラン」に加入することで、アプリストアにアクセスしてさまざまなロボアプリを追加することが可能。アプリは、「ベーシックアプリ」と、「アプリストア」で提供するアプリの合計で約100本を準備。アプリストアのアプリだけでなく、「ベーシックアプリ」についても今後順次増えていく予定。

さらに、Pepperのための保険サービス「Pepper 保険パック」を提供する。税別料金は、9800円×36か月。Pepperが故障した際などにサポートや特別価格での修理を契約期間中に何度でも受けることができる。発売記念キャンペーンとして、「Pepper 基本プラン」と「Pepper 保険パック」を同時に加入した人を対象に、Pepperが自律的に充電を行うようになる「充電ベース」を後日プレゼントする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング