大竹しのぶと三浦春馬、舞台初共演が決定

2015.2.24 13:45配信
大竹しのぶ、三浦春馬 大竹しのぶ、三浦春馬

大竹しのぶと三浦春馬が5月、東京・Bunkamura シアターコクーンで舞台初共演する。上演するのは、アメリカを代表する劇作家テネシー・ウィリアムズが1957年に発表した『地獄のオルフェウス』。

偏見と旧弊に囚われた小さなコミュニティに暮らす女レイディ・トーランス。愛のない結婚をして淡々と日常を生きる彼女の前に、ひとりの青年ヴァルが現れる。やがて、彼が放つ違和感は波紋のように広がって人々の欲望を触発していく…。主人公レイディを演じるのが大竹しのぶ。同じくT・ウィリアムズの『欲望という名の電車』ブランチ役の名演で紀伊國屋演劇賞を受賞している大竹が、今回も鬱屈と情熱を抱えるリアルな女性像にどのように命を吹き込むか、期待が高まる。一方、自由な魂の象徴である青年ヴァルには若手実力派ナンバー1の呼び声も高い三浦春馬が決定。地球ゴージャスや劇団☆新感線の舞台で魅せた身体能力と圧倒的な華。数多くの映像作品でファンの心を捉える陰のある繊細な演技。両輪の魅力を放つ三浦が今回ストレート・プレイに初挑戦する。

演出は英国人演出家フィリップ・ブリーン。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーでキャリアを積み重ね、昨年ロンドンで上演した『TRUE WEST』が話題になった新進気鋭の演出家だ。公演は5月7日(木)から31日(日)までを予定。チケットの一般発売は3月28日(土)より。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング