ドコモ、実質0円のAndroidタブレット「dtab d-01G」を発売

2015.2.24 16:43配信
dtab d-01G

NTTドコモは、自分用でも家族共用でも、インターネットや動画、音楽、ショッピングなど、あらゆるシーンで気軽で便利に利用できる8インチサイズのAndroidタブレット端末「dtab d-01G」(ファーウェイ製)を2月26日に発売する。

5.7mmの狭額縁設計と8インチ液晶を採用し、持ちやすさと見やすさの両方を備えたタブレット端末。定額制動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」や、定額制音楽配信サービス「dヒッツ powered by レコチョク」、電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」など、「dマーケット」で提供するさまざまなコンテンツサービスを手軽に楽しむことができる。

1.6GHzのクアッドコアCPU、1GBのメモリ、16GBのストレージ、有効約500万画素の外側カメラ、有効約100万の内側カメラ、Bluetooth 4.0、4650mAhのバッテリなどを搭載。前面には二つのスピーカーを搭載し、ヘッドホンなしでも迫力のあるサウンドを楽しめる。OSは、Android 4.4。サイズは、高さ約215×幅121×厚さ7.9mmで、重さは約340g。カラーはSilver。高級感のあるアルミ素材を使ったシンプルなデザインを採用した。

ドコモオンラインショップでの端末価格は、「月々サポート」の適用で実質0円になる。また、2台目の購入であれば、購入日から最大24か月(購入月の翌月+23か月)、税抜で月々実質1950円から利用できる。

万が一の時に電話一本でトラブルを補償する「ケータイ補償サービス」、電話一本で操作方法を案内する「あんしん遠隔サポート」、万全のウイルスチェックができる「あんしんネットセキュリティ」をセットにした税別月額600円の「あんしんパック」に対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング