ソニー、小型ハイレゾヘッドホンアンプ「PHA-1A」、税別3万円前後で

2015.2.25 19:8配信
PHA-1A

ソニーは、小型・軽量のポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1A」を、3月21日に発売する。携帯オーディオプレーヤーやスマートフォンと組み合わせて、高音質再生を手軽に楽しめるのが特徴。価格はオープンで、税別実勢価格は3万円前後の見込み。

デジタル信号をヘッドホンに適したアナログ信号に変換して出力することができるコンパクトなポータブルヘッドホンアンプ。携帯オーディオプレーヤーやスマートフォン、PCなどと接続して使用する。

従来機種「PHA-1」と比較して、新たにハイレゾ対応「ウォークマン」や「Xperia」に対応するとともに、USBオーディオの対応サンプリング周波数をこれまでの96kHzから最大192kHzに拡大。また、デザインを一新し容積で約50%の小型化と、質量の約35%軽量化を実現した。

このほか、別売のUSB ACアダプタ「AC-UD20」での充電時に「ウォークマン」を接続すれば、本体と「ウォークマン」の両方を充電できる。バッテリ駆動時間は約6時間。サイズは幅62.0×高さ18.5×奥行き109.0mmで、重さは約145g。

DAC(digital to analog converter=デジタル・アナログ変換チップ)にWolfson Microelectronics製の「WM8740」、オペアンプにTexas Instruments製の「LME49860」、ヘッドホンアンプに同じくTexas Instruments製の「TPA6120」を採用した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング