「サランラップ」や「ジップロック」を使った冷凍保存方法を教えてくれる

旭化成ホームプロダクツは9月25日、「Amazon Echo」をはじめとするスマートスピーカー用AIアシスタント「Amazon Alexa」に対応したスキル「サランラップ・ジップロックの冷凍保存テクニック」の提供を開始した。

このスキルを追加したAlexa搭載スマートスピーカーに話しかけると、「サランラップ」や「ジップロック」を使った、野菜や肉、魚介やおかずなど82種類に及ぶ、さまざまな食材の冷凍保存方法を音声で検索できる。

例えば、「アレクサ、じゃがいもの冷凍保存は?」と話しかけると、「じゃがいもは、かたまりのまま冷凍すると、食感が悪くなるので、まず、ゆでてつぶしてから、マッシュポテトの状態にします。そのあとに、サランラップで小分けにして包み、ジップロックフリーザーバッグに入れて冷凍保存します」と教えてくれる。

冷凍保存方法だけでなく、冷凍前の下処理の方法も解説するため、料理に不慣れな人にも役立つ。なお、解凍方法や解凍後の食材の使い方など複雑な情報は、「Alexa」アプリのホームカードに記載している。

「サランラップ」「ジップロック」を販売する旭化成ホームプロダクツは、食材ロスを防ぐため、適切な冷凍保存の方法を多くの人に伝えたいと考えており、コミュニケーションアプリ「LINE」上に2018年8月14日に開設した公式アカウントでも、食材保存の検索・応答機能を提供している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます