ドコモ、国内最速次世代通信「PREMIUM 4G」を3月27日スタート

2015.2.27 12:43配信
「LTE-Advanced」を使用した通信サービスを「PREMIUM 4G」として展開

NTTドコモは、LTEをさらに高度化した通信方式「LTE-Advanced」を使用した通信サービス「PREMIUM 4G(プレミアム4G)」の提供を3月27日に開始する。

「LTE-Advanced」の主要技術の一つである「キャリアアグリゲーション(CA)」によって、サービス開始時に国内最速となる受信時最大225Mbpsの通信サービスを提供。2015年度内には300Mbpsまで高速化する。さらに、通信容量の拡大を実現する新技術「高度化C-RAN」を導入。通信トラフィックが集中するエリアでも安定した高速通信を提供していく。

対応エリアは、全国22都道府県の都市部から開始し、2015年度には全国主要都市へ順次拡大する。サービス開始当初は、2月18日に発売した「Wi-Fi STATION HW-02G」と、3月に発売する「Wi-Fi STATION L-01G」の2機種のモバイルWi-Fiルータが対応。2015年度早期に対応スマートフォンを発売し、対応機種を拡大していく。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング