平田裕一郎ら若手俳優で描く赤ちゃんとママの物語

2015.2.27 16:45配信
舞台「ママと僕たち~おべんきょイヤイヤBABYS~」 撮影:渡部俊介 舞台「ママと僕たち~おべんきょイヤイヤBABYS~」 撮影:渡部俊介

2013年の「ママと僕たち」の好評を受けて、その翌年に上演された「ママと僕たち~おべんきょイヤイヤBABYS~」。これら“ママ僕シリーズ”が現在、連続上演中だ。大盛況のうちに幕を閉じた「ママと僕たち」に続き、2月21日には「~おべんきょイヤイヤBABYS~」が開幕。前作に続いて、いま注目の若手キャストを小劇場界のベテランが支え、意外なほど真っすぐに親子愛を描いた作品となっている。

舞台『ママと僕たち~おべんきょイヤイヤBABYS~』チケット情報

英才教育を施す幼児教室〈のびる会〉に入ったキミヒコ(原嶋元久)は、頭は悪いが笑顔はピカイチのヨシオ(平田裕一郎)や、初代“ミスター赤ちゃん”を父にもつトウマ(赤澤燈)、ハーフのトーマス(染谷俊之)、保育士のりりか先生(宮下今日子)の息子・ソウタ(水石亜飛夢)らに出会う。秀才クラスの“がんばリス”ではなく、落ちこぼれクラスの“あんまリス”に入れられて落ち込むヨシオやキミヒコらだったが、担任のヨシヱ園長(中尾ミエ)が繰り広げる歌やダンスに夢中になる。昔の伸び伸びとした〈のびる会〉とは変わってしまったと嘆く園長の言葉通り、ある日、ママたちの想いを裏切るような事態が起こる。それを知った赤ちゃんたちは……。

美形の若手キャストたちが赤ちゃんの格好をしている違和感は、今回も最初だけだ。言葉での意志疎通はまだ困難とはいえ、赤ちゃんがママを大好きで、ママも赤ちゃんの存在がなにより大切なことは、互いが何歳であっても変わりない。物語ではその点がしっかりと貫かれているため、“地下室の魔女”の力を借りて大人の姿になった赤ちゃんたちの行動も自然に納得できる。再演とあって、演者たちのキャラクターもなじんでおり、赤ちゃんの時はキュートに、大人になってからはピュアな子供の心をもった青年(赤ちゃんだから当然なのだが)のおもむき。観るほうは2倍楽しめる仕掛けとなっている。中でもヨシオに扮した平田の、周りがパッと明るくなるような存在感と、競争のプレッシャーにクールに耐えるソウタ役・水石の風情が目を引いた。

本作でのママたちは、りりか先生のほか、子供服のデザイナーとして働くシングルマザーのまるみ(野口かおる)、スーパーのレジ打ちをしながら息子のヨシオを育てている、ゆい(宮本奈津実)の3人。異なる生き方ながらもママたちに共通しているのは、赤ちゃんへの愛情を第一に、仕事に恋愛にと日々を精一杯過ごしていること。ソウタの兄で落ちこぼれのゴウタ(鷲尾昇)がママの“ある事”に気づくシーンや、そんなママと赤ちゃんたちを見守るように流れる中尾の温かな歌声など、丁寧な演出が印象的に残った。

東京・AiiA Theater Tokyoにて、3月1日(日)まで。

取材・文 佐藤さくら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング