今、保育園の連絡帳ノートをなくして、スマホでのやりとりを進めているところが増えてきています。そこで便利なのが、保育園とママをつなぐアプリ。ママたちの声から、「実際の使い勝手は?」「どのあたりが便利なの?」 などを探ってみました!

保育園とママをつなぐアプリはママにとってどこが便利?

キッズリー

保育園と保護者をつなぐアプリの中でもポピュラーな「キッズリー」。

すでに全国の約1,000園以上で利用されており、連絡帳機能はもちろん、出欠・お迎え管理、個別連絡、その他のお知らせ、園での様子が写真で届くフォト機能などが備わった、保育園(保育士)と保護者をつなぐコミュニケーションアプリです。

そのキッズリーの担当者さんに、ずばり、便利なポイントをママのリアルな声をもとに教えていただきました!

1.通勤中など移動しながら連絡帳を提出できる

キッズリー担当者(以下、キッズリー)「バスの中や、職場に就いてから始業する前の30分に園に提出しているので、かなりの時短になっているというママの声もあります。

以前は、時間がないときは連絡帳が白紙だったり、連絡帳を持っていくことを忘れたりすることも多かったものの、スマホだと基本的に忘れないという声もあがっています」

2.お迎え時間を忘れたときに確認できる

キッズリー「今日のお迎え何時だったっけ?というときも、手元のスマホで自分が提出した時間がいつでも確認できます。

ノートだと提出した後で何時と書いたか忘れてしまい、以前は園に電話をかけて確認することがしょっちゅうあったというママも、キッズリーでは自分の書いた内容が手元でいつでも確認できるので便利と話しています」

3.忙しい毎日の中で時間の使い方が効率的になる

キッズリー

キッズリー「園にお迎えに行く道中で、先生のコメントを確認し、喘息持ちの我が子について『咳が出ています』というコメントを見て、帰りがけに小児科に寄れるよう事前予約できるようになったというママも。迎えに行ってからだと時間的に予約できなかったそうです。

このように時短・効率化が期待できます」

スマホでやりとりできる連絡帳は、簡単に提出、管理できる便利さはもちろん、時短にもつながるようですね。

ママたちからはこんな声も!

キッズリーを利用するママたちからは、使いこなすママならではの、要望の声もあがっているのだとか。

アプリに一元化してほしい!

「園の掲示物、紙の書類など保育園のすべての連絡をキッズリーでしてくれるといいのになと思います」

「まだ行事参加有無などの紙の提出書類も残っているので、キッズリーで一元的に提出物を管理できるようにしてほしい」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます