岡田准一、史上初の俳優部門W受賞の快挙!

2015.2.28 20:40配信
(手前)最優秀助演女優賞の黒木華と、最優秀監督賞の山崎貴監督

第38回日本アカデミー賞授賞式が2月27日に開催され、『永遠の0』が最優秀作品賞、監督賞、主演男優賞など8部門を制覇。岡田准一は同作での最優秀主演男優賞と『蜩ノ記』での最優秀助演男優賞という男優として史上初の俳優部門W受賞の快挙を成し遂げた。

第38回日本アカデミー賞受賞式その他の写真

新人俳優賞(池松壮亮、上白石萌音、小松菜奈、登坂広臣、能年玲奈、福士蒼汰)に続いて、スタッフ部門の表彰が行われたが、最優秀美術賞、撮影賞、照明賞、録音賞、編集賞と『永遠の0』が受賞。スタッフ部門で同作以外では最優秀音楽賞をミュージカル仕立ての『舞妓はレディ』の周防義和、最優秀脚本賞を『超高速!参勤交代』の土橋章宏が獲得した。

俳優部門では、最優秀助演女優賞を『小さいおうち』でベルリン国際映画祭の最優秀女優賞も受賞している黒木華が獲得した。黒木は今回の受賞について「このまま(役者の仕事を)やっていていいんだと思えて嬉しい」と語り、スタッフや共演者、監督への感謝を口にし「周りに助けていただいてばかりなので、こうして周りに喜んでいただけるのが一番嬉しいです」と喜びを語った。

最優秀主演女優賞は『紙の月』の宮沢りえが受賞。宮沢は、オープニングのレッドカーペットはドレス姿で歩いたものの現在、舞台『三人姉妹』に出演中とあってすぐに会場を後にし、残念ながら自身の授賞の際は不在となり、吉田大八監督が代わりにブロンズを受け取った。

岡田は、最優秀助演男優賞でまず1冠。ブロンズを受け取り「ありがとうございます」というものの感極まって次の言葉が続かない。とぎれとぎれに「自分を“映画人”と認めていただいてありがとうございます。今日は最高の日です」と喜びを語った。

そして、話題賞俳優部門(『永遠の0』)の受賞に続き、最優秀主演男優賞でも自らの名が呼ばれるとブロンズを高く掲げつつ「作品に獲らせてもらった賞だと思ってます。(同作は)歴史を、思いを伝えることが大きなテーマ」と語り、昨年亡くなった第1回アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞者の故・高倉健、そして第2回の同賞の受賞者であり、岡田自身も共演経験のある緒形拳の存在に触れ、彼らのおかげで「ここにいられます」と先人への敬意を口にした。

さらに最優秀監督賞、作品賞もブロンズは『永遠の0』の元へ。作品賞受賞がアナウンスされると、山崎監督に岡田、同作で優秀助演男優賞に輝いた三浦春馬、岡田の妻役を演じ、別作品『白ゆき姫殺人事件』で優秀主演女優賞を受賞した井上真央らも壇上へ上がり、喜びを分かち合った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング