「おとぎ裁判」ゲネプロより 撮影:鏡田 伸幸 (C)2018CLIE 「おとぎ裁判」ゲネプロより 撮影:鏡田 伸幸 (C)2018CLIE

古谷大和が主演を務める「おとぎ裁判」が9月27日に開幕。初日に先がけ、公開ゲネプロ、囲み取材が行なわれた。

【チケット情報はこちら】

脚本を神楽澤小虎、演出を村井雄、また音楽に桑原まこ、振付に野田裕貴を迎えた、オリジナル作品となる今作。おとぎの国の奥深くにある「幻火の館」。裁判長のアケチ(古谷大和)、その執事ジュード(東 拓海)が住むその館には、公平なる判決を求め、夜ごと様々なおとぎの国の住人が訪れる。さらに敏腕で誠実な弁護人ブルー(古畑恵介)、ナルシストでちょっと適当な検察官ロブ(芹沢尚哉)らが熱いバトルを繰り返すも、裁判長のアケチがそれらに興味を持つことはなく・・・。会場でレンタルできるトーチ(ろうそく型ペンライト)を使い、各キャラクターのパフォーマンスシーンを盛り上げ、更に実際に判決にも参加できる。バラエティ豊かな楽曲の華やかなショーを繰り広げる中で、それぞれのキャラクターが持つ裏の顔がストーリーの中で垣間見えるシーンもあり、まさに「新感覚ジャッジメントショー」に仕上がっている。

ゲネプロ後の囲み取材では、各キャストが意気込みを語った。裁判の中心となる赤ずきん役の古賀瑠は、「自分で考えたタップや、日替わりネタもたくさんあるので、全部楽しんでみてください」とコメント。裁判を混乱させる謎の弁護士ドローとしてコメディパートを盛り上げる小林健一は、「みんなで意見を出し合って壊して作って壊して作り上げてやっとできあがった作品です、新しいエンターテインメントになっていると思いますのでぜひ楽しんでください」と作品への思いを語った。東は「楽しんで演技をして、お客様にパワーをお届けできたらいいなと。個性の強いキャストだと思うので、ぜひぜひお楽しみあれ!」と作品をアピールした。「今回トーチを使ってお客様がその場で判定したり、本当に参加型の舞台になっています」と話した芹沢。「みんな知っている赤ずきんを題材にしているのでいろんな感じ方ができる作品になっていると思います。なにか現実の世界で変わったり前に進んだりするきっかけになると嬉しいとおもいます(芹沢)」と語った。

ストーリー内で意外な展開を見せるブルーを演じる古畑は「声優としても活動しているので、声優ならではのお芝居、歌をみなさんにお届けできればと思っています」と意気込んだ。最後に、謎をかかえる主人公アケチを熱演した古谷は「ゼロからものを作り上げたオリジナル作品ということで、すごくみんなで試行錯誤して、ようやく出来上がった自信のある作品です。遊園地のように何年もあるものではなく、演劇は13公演しかない、その一瞬をみんな生きているなと。きてくれるお客様も、もう見られないかもしれないとか、いやまだ先があるかもしれないとか、いろんな気持ちを楽しんでくれるような作品になるといいなと思います」と語った。

公演は10月7日(日)まで、東京・俳優座劇場にて。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます