『東京公園』DVDイベントに登壇した青山真治監督、新たなチャレンジを明言

2012.2.10 18:9配信
トークイベントでの青山真治監督

第64回ロカルノ国際映画祭で、金豹賞<グランプリ>審査員特別賞を受賞したことでも話題となった『東京公園』のDVD発売記念トークイベントが開催され、監督の青山真治が登壇した。

その他の写真

青山監督にとって前作『サッド ヴァケイション』から4年ぶりの長編作品となる本作は、カメラマンを目指す青年(三浦春馬)が、ある依頼をきっかけに周囲の女性たちと向き合い、自分を見つめ直していく姿を描いた物語。幼なじみの女性を榮倉奈々が、主人公の義理の姉を小西真奈美が、一切セリフがないというミステリアスな女性を井川遥が演じている。

長編映画デビュー作『Helpless』以降、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』など地方を舞台にした作品を多く撮ってきた青山監督にとって「東京を撮るのは10年ぶり」で、「一昨年の秋に撮影したが、天気が良くて、素晴らしい光がたくさん収められた。それだけでもこの映画を誇らしく思える」と振り返る。また、本作では劇中の音楽を自ら担当しているが、「高校時代、パンクバンドのラモーンズに憧れてずっとマッシュルームヘアだった」という過去を明かし、会場の笑いを誘った。主演に起用した三浦春馬にも大満足だったようで、「とても繊細でプロフェッショナルな方。あれほど正確にやりたいことが決まっている人は珍しい」と絶賛した。

「4年ぶりに撮影したことが嬉しすぎて、その嬉しさをひとりで噛み締めていた」という青山監督。これから挑戦したいことは?という質問には「今まで恋愛映画を撮ってきていないと思っているので、増村保造監督の『暖流』のような大恋愛映画を撮ってみたい」と回答。さらに「これからテレビドラマの撮影が始まる」と、新たなチャレンジについても報告した。

『東京公園』 

(C)2011「東京公園」製作委員会

いま人気の動画

     

人気記事ランキング