石丸幹二が「マグリット展」のガイド役に決定

2015.3.3 11:45配信
石丸幹二 石丸幹二

ベルギーの国民的画家で、20世紀美術を代表する芸術家 ルネ・マグリットの画業を振り返る大回顧展『マグリット展』が3月25日(水)から東京・国立新美術館で開催。本展の音声ガイドナビゲーターに俳優の石丸幹二が決定した。石丸はがマグリット作品に数多く登場する「謎の山高帽の男」になりきって、来場者を不思議なマグリット・ワールドへと誘う。

「マグリット展」開催情報

石丸は「マグリットの魅力はなんといっても、摩訶不思議な世界観。中でも好きな作品は『ゴルコンダ』。遠くから眺めると、空に浮かぶ無数のドットと思いきや、近づいて見ると、浮かんでいるのはなんと山高帽の紳士たち。マグリットの自画像とも言われる紳士たちを見ていると、どういうわけか痛快な気分になる。展覧会で本物に出会えるのが待ち遠しいが、それとは別に、来場者の皆さんがどういう思いを抱きながらご覧になっているか、横から心を覗き込むのも個人的には楽しみ!(笑)」とコメントしている。

「マグリット展」は3月25日(水)から6月29日(月)まで開催。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング