最短1mで64インチの投影が可能な短焦点DLPプロジェクター、ベンキューから

2015.3.3 12:2配信
MW621ST

ベンキュージャパンは、プロジェクターの新製品として、1mの距離で64インチの大画面での投写ができる短焦点ワイドDLPプロジェクター「MW621ST」を、3月6日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は8万9800円前後の見込み。

短い投影距離ですむため、小さな会議室やパーティションで仕切られた狭いスペースでも、大画面の映像を映し出すことができる。明るさは3000lm(ルーメン)と高輝度で、13000:1の高コントラスト比を実現。部屋の照明を完全に落とさなくても使用できる。

コンテンツの輝度レベルを自動検出することで、画像を暗くせずにランプの消費電力を30~100%の範囲でダイナミックに調整し、ランプの寿命を延ばす「SmartEco」モードを搭載。さらに「ランプセーブモード」によってランプ寿命最大約1万時間を実現し、メンテナンスコストを大幅に削減する。

本体には、10Wのスピーカー×1、1.2倍の光学ズームを搭載。USBメモリに保存した画像の投写や、3D映像の投映、縦方向のみ手動で±40%の台形補正に対応する。さらに、テキサス・インスツルメンツの色彩深度向上技術「BrilliantColor」の採用によって、自然の風景などに多い中間色の再現性を高めている。映像入力端子は、HDMI×1、Sビデオ×1、コンポジット×1、ミニD-sub15ピン×1。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング