ディズニー新作『シンデレラ』ワールドプレミア開催

2015.3.3 12:53配信
(左から)ケネス・ブラナー監督、ケイト・ブランシェット、ホリデイ・グレインジャー、リリー・ジェームズ、ソフィー・マクシェラ、リチャード・マッデン

誰もが知るファンタジーをディズニーが新たに描く実写映画『シンデレラ』のワールドプレミアが、3月1日(現地時間)にロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターで開催され、シンデレラを演じたリリー・ジェームズ、まま母役のケイト・ブランシェット、王子役のリチャード・マッデン、そして監督を務めたケネス・ブラナーら豪華キャスト、スタッフが登壇した。

その他の写真

この日、ハリウッド大通りに敷き詰められたレッド・カーペットの長さは、ディズニー作品史上最長の200メートル。ゴールドを基調とした会場にはたくさんのシャンデリアが飾られ、華やかな雰囲気の中でイベントはスタートした。

シルバーのドレスで登場したジェームズは、「シンデレラを演じたことは、想像以上の経験でした。そして、ここにいることがとてもうれしいです」と話し、「日本の皆さん、こんにちは。心から愛を贈ります!」と日本のファンにメッセージを送った。

ブランシェットは「作品は何千年も前から存在し、それをディズニーとケネス・ブラナー監督が新たな作品として生み出したの。彼(ケネス)はストーリーテラーとしてそれを実現させたの」と言い、「この作品の大きなポイントは、昔からの世界観を変えずに皆に愛される実写になったことね。彼女(シンデレラ)は、親と彼らが残してくれた遺産への忠誠心があるの。どんなにみじめな環境にあっても、彼女の優しさと勇気がそれに打ち勝つのよ」と語った。

ブラナー監督は、ジェームズの魅力を「キャラクターを再度作り直したんだ。特にリリーによってね。彼女のユーモアのセンス、心あったまる内面からのぬくもり。誰もが彼女の虜になる」と話し、「12時の鐘が鳴り響いた時に、舞踏会を去るシンデレラの姿を観客のみんなはドキドキしながら観てほしい。そして文字通り、全世界の人々をこの舞踏会に招待したいんだ。シンデレラと王子が躍るダンスシーンを是非皆さんに観てほしい」と語った。

『シンデレラ』
4月25日(土) ロードショー

(C)2015Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

いま人気の動画

     

人気記事ランキング