ニコン、APS-C一眼レフD7200、毎秒6枚連続100枚まで撮影可能、Wi-Fiも搭載

2015.3.3 17:51配信
ニコン D7200

ニコンイメージングジャパンは、ニコンDXフォーマット対応のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7200」を、3月19日に発売する。価格はオープンで、ボディのみの税込実勢価格14万9000円前後。

有効画素数2416万画素のニコンDXフォーマット対応CMOSセンサを搭載したデジタル一眼レフカメラ。「D750」と同様の「アドバンストマルチCAM 3500IIオートフォーカスセンサーモジュール」採用による51点AFシステムを備え、前モデル「D7100」のフォーカスポイント数を維持しつつ、低輝度側で-3EVを実現し、低輝度環境下でのAF(オートフォーカス)性能を大きく向上させた。

画像処理エンジンには高速な「EXPEED 4」を採用し、内蔵バッファーメモリの容量拡大とあわせて、毎秒約6コマ、JPEGで100コマまでの連続撮影ができる。また、14ビットロスレス圧縮RAWでも、18コマまでの連続撮影を実現した。

画像処理エンジン「EXPEED 4」は、常用ISOは静止画、動画ともにISO100~25600を実現し、高感度でも鮮鋭感を残しながら効果的にノイズを低減する。光学ローパスフィルターは搭載しない。そのため、CMOSセンサの解像力とNIKKORレンズの描写力を生かした、被写体の細部まで鮮明な描写ができる。

無線LANやNFC(近距離無線通信)に対応。専用アプリを使ってスマートフォンやタブレット端末に簡単に静止画を転送することができる。またスマートフォンなどの画面で構図を確認しながら撮影することもできる。

動画機能では、フルHD動画撮影が可能で、Mモード時に感度だけで露出を制御する感度自動制御ができる。微速度撮影機能も搭載した。また、カラーグレーディングに適したピクチャーコントロール「フラット」を搭載し、音声帯域の選択や風切り音低減など音声機能も充実している。対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、UHS-Iメディアにも対応する。サイズは幅135.5×高さ106.5×奥行き76.0mmで、重さは約765g。

ボディ単体に加え、レンズキットなどの税込実勢価格は、「AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR」が付属する「D7200 18-140 VR レンズキット」が18万9000円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR」が付属する「D7200 18-300 VR スーパーズームキット」が22万4000円前後、マルチパワーバッテリパック「MB-D15」が付属する数量限定の「D7200 バッテリーパックキット」が16万5000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング