ナタリー・エモンズ ナタリー・エモンズ

2016年に日本初演を迎えた「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド」。同作は東急シアターオーブの劇場が巨大ツリーやステンドグラスが輝くクリスマスタウン、氷の世界などに変身し、シンガーやダンサー達が有名なクリスマスソングを歌い踊るスペシャルなクリスマスショー。

【チケット情報はこちら】

この日本にはあまり馴染みのなかった“劇場で楽しむクリスマス”は年々多くの方に受け入れられ、家族やカップル、お友達同士と幅広い層の方々が来場、渋谷の新たな冬の風物詩となりつつある。そして今年も最高にハッピーなクリスマスを劇場で体験できる「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2018」が開催決定。昨年に引き続き、「トリバゴ」のCMでお馴染みシンガーソングライターのナタリー・エモンズの出演も決定。この度、前作で素敵な歌声とダンスを披露してくれた彼女が来日、今年の意気込みについて語った。

「昨年ショーに出演出来てとっても楽しかったので今年のお話も頂けたことが本当に嬉しい。昨年のお気に入りはかっこいいタップダンスや力強くて愛に満ちたゴスペルのシーンや他にも沢山。今年も新しいパフォーマンスをお届けするので是非楽しみにして欲しいです」と語る彼女。さらに今年は日本語でストーリーテラー的役割のMCにも挑戦する。「昨年はご家族連れも多く、子どもたちに日本語で今起きていることを伝えられたらもっとショーを楽しんでもらえると思ったので、日本語間違えないように頑張ります!」そう話してくれるナタリーさんの日本語は昨年にもまして流暢で、ほとんど通訳さんの出番がないほど。

ナタリー以外にも、今年は「ディズニー・オン・クラシック~まほうの夜の音楽会2016」で来日し、「アナと雪の女王」のアナ役を演じたジャナ・ミラーほか、本場アメリカで活躍する魅力的なシンガーやダンサーが集結。ナタリーさんは「また新しいメンバーで、クリスマスの楽しさや愛、そして私が子供の頃から感じてきたアメリカのクリスマスのスピリットを存分に感じてもらえたら。是非、当日は皆さんも一緒に歌って踊って楽しんで!」と目を輝かせた。また今年も応援サポーターとして本田望結が登場。ナタリーは1年ぶりの再会をとても楽しみにしているとか。

最後に、今年のクリスマスショーが終わってお正月を日本で過ごすとしたら何をしたい?と質問したところ、「夜の神社にお参りして、そこで新年を迎えてみたい!」とのこと。日本が大好きなナタリーさんがMC、そして出演する本作、今年も会場全体がひとつになって楽しめる素敵なショーになりそう。

公演は12月15日(土)から25日(火)まで、東京・東急シアターオーブにて上演。

取材・文:ミカマイコ

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます