【講座】30過ぎ女子がボッチで利き酒師講習会に行ってみた

2012.2.13 12:00

酒好きが高じ、日本酒のソムリエ・利き酒師を目指すことにした30過ぎボッチ女子。きっかけレッスンで、日本酒の奥深い世界に触れました。

酒蔵の多い土地に生まれ、幼いころからとにかく“つまみ”っぽいものが好きでした。
ほたての貝ひも、かわはぎ、ジャッキーカルパス。
そしてツナピコ。

   










 
初めて名前知りました。これ。(天然マグロの焼津屋さんHPより)
こういうのをおやつ代わりに食いつつ育ったもので、
気が付いたら立派な(というか、ただの)酒好きになってました。


そんな私が最近興味をもったもの。
それが“きき酒師”。
日本酒のソムリエと呼ばれる、日本酒のスペシャリストです。

ワインのソムリエと比べると、
あまりなじみはないですが、2010年3月時点で約3万人の“きき酒師”がいるのだそう。
主に飲食関係のお仕事されている人に取得者が多いようです。
なんといってもこれ!

「飲み手の好みやご要望を察知し、
日本酒とその楽しみ方を提供出来るプロフェッショナル!
それがきき酒師です。」(きき酒師認定HPより)

つーことは、この資格を持ってると、
酒をよりおいしく飲めるってことじゃん!

というわけで、あっさり“きき酒師”資格取得を決めた私。
しょっぱなから講義だ、試験だというのも気が引けるので、
とりあえず公式HPで見つけた「きっかけレッスン」に申し込んでみることに。


会場はこちら。
北区王子の「夢ひろば」。 

      

 









受付をすませて中に入ります。

テーブルの上には資料と4つのグラス。
中にはすでに酒がスタンバってます。 

     











受講者はだいたい20人程度。
若いカップルから妙齢の主婦っぽい人たちまでさまざま。
ひとつわかったのは、とりあえずこの人たち、

酒 が 大 好 き な ん だ な

人気記事ランキング