新木優子(左)と吉沢亮

 映画『あのコの、トリコ。』の初日舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の吉沢亮、新木優子、杉野遥亮、宮脇亮監督が登壇した。

 本作は、地味でさえない眼鏡男子の頼(吉沢)が、大好きな雫(新木)のためにかっこよく変わっていくさまを描いたラブストーリー。

 吉沢は「撮影は去年の6月だったのですが、やっと皆さんに見ていただける日がきてうれしいです」と笑顔であいさつした。 

 公開まで時間が空いたが「その間に遥亮とご飯に行ったらすごく人見知りされて。久々過ぎたのか、めっちゃ敬語を使われて寂しさを感じました」と苦笑交じりにエピソードを披露した。

 一方、新木は「映画の中で吉沢さんは、オタクっぽい真面目な役をやったのですが、ちょっと猫背にしてみたり、かばんの持ち方を変えてみたり、役作りがさすがでした」と語った。

 続けて「何もしないと、この通り(内面から)キラキラがあふれてしまうのを、隠して隠して演じている姿を見て、私もキュンとしたし、座長として明るく振る舞ってくれたので、過酷な撮影もありましたがすごく助けられました」と感謝した。

 吉沢も、新木に救われることが多かったそうで、「彼女は見た目がクールビューティー。体もスラっとしているし、顔もキレイ系なのですが、見た目と真逆というか(内面が)すごくかわいらしくて、みんなから愛されるような方。彼女が現場を盛り上げてくれている瞬間がたくさんありました」とコメントした。

 杉野も「負けず嫌いもそうですが、誰にもこびない強さがあり、そういうところがかっこいい。女性らしい強さが魅力だと思います」と語った。

 そんな杉野も、撮影前は緊張したそうで、「最初、お二人の名前を聞いたときに『ウワァーッ』となっちゃった。美しいお二人なので(自分が)現場になじめるかすごく不安だった」と告白。

 ところが、撮影が始まると「吉沢くんがすごく話し掛けてくれて。優子ちゃんも太陽みたいな存在で、そのギャップにやられてお二人とも大好きになっちゃいました」と語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます