恋人も実はうんざり? 白黒ハッキリ「オセロ気質」タイプの恋の注意点

「ちょっと、私のこと好きなの嫌いなの? どっちかハッキリしなさーーいっ!!」何事も白黒つけないとイライラする、まるでオセロのような気質のそこのアナタ。気づけば彼から距離を置かれてしまっていないでしょうか? 今回は、そんな「オセロ気質」の人が恋をしたら注意したいことについてお話しします。

「ねえちょっと、私のことどう思ってるワケ? 好きなの嫌いなの何なの? どっちかハッキリしなさーーいっ!!」

白黒ハッキリつけないとイライラする、まるでオセロのような気質のそこのアナタ。気づけば彼から距離を置かれてしまっていないでしょうか?

 

相手に変な「圧」をかけないで!

物事、白黒ハッキリさせないと気がすまない! というと、まるで人生でオセロをしているみたいですよね。そこでこの記事では、何でも白黒ハッキリつけたがって曖昧なことが許せない性格(ちょっと長いですよね)のことを、「オセロ気質」と呼ぶことにします。

さて、その「オセロ気質」の人には、困った癖があります。話し方が、お世辞にもロマンティックとは言いがたいのです。

相手に「AかB、どっちにする?」と二択で聞くことが多いです。しかも、「選択肢は用意したんだから、ちゃーーーんと答えてほしい!」という期待をこめて、グググググッと変な「圧」をかけて迫ってしまいます。

その「圧」を感じた 相手は驚いて、それほど優柔不断でないのにうまく答えられなくなったり、思ったことを話してくれなくなったりします。

たとえば、恋人同士で食事に行こうという時、こんな会話になることがあります。

 

彼女「ねえ、イタリアンとフレンチ、どっちにする~?」(即答を期待してググッと圧をかける)
彼氏「…どっちでもいいよ」(いつの間にか二者択一になっていることにビックリして、とっさに答えられない)
彼女「何よ、ハッキリして! そのくらいのこと、2秒もあれば答えられるでしょ!!」(時間制限でグイグイッと圧をかける)
彼氏「(内心、怯える)……じゃあ、フレンチ!」

「じゃあ、」という辺りにアヤシさが漂っていますよね。そう、この彼は変な圧から逃れたいがために、場当たり的な答えを口にしているに過ぎないのです。

もう1秒待てば、彼の心の中にふと「イタリアンの店で、熱々のピッツァを」というイメージが浮かぶかもしれません。そういう時、リラックスして会話を楽しめる仲なら、「あ、ごめん。やっぱりイタリアンにしよう」と一言言うだけで、デートプランの変更は簡単です。

ところが、オセロ気質さんとつきあっている彼は、希望を共有する気持ちになれないんですよね。何だかとってもシッカリ、キッチリと全力で物事を決めていそうなオセロ気質の人といると、前言を撤回しづらくなってしまうのです。

聞く側がグイグイ力 むと、相手の思考を 制限したり発言の自由を奪ったりする可能性がある、ってこと! また、「問いただす」ことで人間関係を難しくしてしまいます。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング