開幕戦から熾烈! ダービーを制するのは?

2015.3.5 18:35配信
中町公祐(横浜F・マリノス) (c)J.LEAGUE PHOTOS 中町公祐(横浜F・マリノス) (c)J.LEAGUE PHOTOS

いよいよ『2015明治安田生命J1リーグ』が開幕を迎える。中でも、横浜F・マリノス×川崎フロンターレ(日産スタジアム)の『SKYシリーズ』は注目カードのひとつだ。

3月7日(土)横浜FM×川崎F チケット情報

今シーズンの横浜FMは、昨季までの戦力をベースに2013年関東大学リーグ得点王の仲川輝人、U-18日本代表・中島賢星ら若手を加えた。さらに、ブラジルアンダー世代代表のアデミウソンも期限付移籍加入が内定。指揮官には、パリ・サンジェルマンFCやフランスU-18代表、U-21代表監督のキャリアを誇るエリク・モンバエルツ監督を招聘した。

風間八宏監督体制4年目を迎え、成熟を見せる川崎Fは、FW・杉本健勇、DF・角田誠、エウシーニョ、GK・松井謙弥ら即戦力を補強。昇格組と大卒ルーキーを加え、風間イズムと新戦力との融合を図り更なる攻撃サッカーを目指す。

4シーズン目を戦う中町公祐は、モンバエルツ監督について「マリノスのスタイルを継続しながらの、新たな進化というのがある。その中でひとつ大きく違うのは“ダイナミックさ”。固い守備を継続しつつ、例年課題であるゴールチャンスや得点を増やしていくことに着手している」と語る。さらに、「2ステージ制に変わったことで短期間で考えたときに、新監督で新しい色を出して勝ち点を積み重ねられるのは、シチュエーション的にプラス。上位を狙いたい」と意気込む。

対する川崎F・小林悠は、今季の目標について「個人的には去年達成できなかった“15得点以上”が目標。チームとしては、より一層攻撃的なサッカーが今年見せられると思う」と話す。昨年、日本代表デビューを果たした小林は、その経験を振り返り「(僕は)オフザボールの動きを得意としていて、完全に自分のモノにできた部分がある。ただ、ボールを持ってもドリブルなどで仕掛けられる選手にならないといけないと強く感じた。あとは、もっと自分に自信を持ってやらなければいけない」。

神奈川ダービーについて中町が「昨年の対戦では、(川崎Fの)良さである攻撃力を消しながらプレーが出来ていたので、自分たちがそこにプラスして攻撃できるか。イメージは湧いている。(ホームタウンが)近いチームで、お互い優勝を狙っている中で、僕らもサポーターもクラブも“負けたくない”という気持ちが強い。その気持ちをピッチにいる僕らが体現したい」と気を吐けば、小林は「マリノスは守備が堅いというイメージがいちばん強い。FWとしてはやりづらい部分もあるが、今年は攻撃的な選手も多く入ったので、色々なところから攻められる。今年は絶対勝ちたい」と気合十分。

これまでの対戦成績は、横浜FMの10勝4分8敗とほぼ互角。昨シーズンは横浜FMが2勝している。『SKYシリーズ』を制するのは、攻の川崎Fか、守の横浜FMか。『明治安田J1』開幕戦・横浜FM×川崎Fは、3月7日(土)・日産スタジアムにてキックオフ。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング