ファーウェイ、Android Wear搭載のスマートウォッチ「Huawei Watch」を発表

2015.3.6 12:11配信
Huawei Watch

ファーウェイは、スマートウォッチ「Huawei Watch」と、Bluetoothヘッドセットを備えた活動量計「TalkBand B2」のウェアラブル製品2機種と、世界で最も薄い7インチファブレット「Huawei MediaPad X2」、高品質Bluetoothヘッドセット「Huawei TalkBand N1」を発表した。

「Huawei Watch」は、ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループから発売するウェアラブルシリーズ初のスマートウオッチ。傷つき防止・防水などの各種加工を施し、1.4インチのAMOLED(アクティブマトリックス式有機発光ダイオード)と直径42mmの円形文字盤が特徴。また、サファイヤガラスや316L腐食性のメタルボディ、冷間鍛造のステンレススチールなど高級時計に使用される素材を採用し、普遍的でスマートなデザインを実現した。

内蔵式の最新心拍数モニターセンサ、6-Axisセンサ、バロメーターセンサ、タッチモニター、内蔵マイクなど、運動管理機能をはじめとする各種機能を搭載。Android 4.3以上のスマートフォンに対応し、SMS、Eメール、カレンダー、アプリ、着信通知などを簡単に受信することができる。また、6-Axisセンサによって自動的にユーザーの運動状態を認識し、ウォーキング、ランニング、クライミング、サイクリングなど活動に応じて受信する運動データを計測する。

ディスプレイの解像度は400×400ピクセル(286ppi)で、タッチセンサ式のサファイアガラス製レンズカバーを採用。手袋を着用していても、濡れた手でも作動する。文字盤は、アナログ、デジタル、摂取カロリー、歩数などの健康データの表示など、40種類からカスタマイズが可能。カラーは、ゴールド、シルバー、ブラックの3色で、素材、ストラップなども選べる。

「Huawei TalkBand B2」は、Buetoothヘッドセットを備えた活動量計。デュアルマイク、ノイズキャンセラーを搭載し高品質な音源を提供する。リストバンド部にBluetoothイヤホンがセットされているかどうかを識別し、スマートフォンまたは「TalkBand B2」に音声(音楽や電話)を流す。

また、バイブレーションや呼び出し音を通じてユーザーのスマートフォンの場所を特定する機能を備える。また、最新の6軸センサを搭載。動作を自動的に認識・記録し、眠りの深い時間と浅い時間を検出したうえで、睡眠の質を高めるためのアドバイスをする。

最長5日間の作動と最大6時間の連続通話、連続12日間の待ち受けを実現するバッテリを搭載。iSO 7.0以上のiPhone、Android 4.0を搭載する端末に対応する。デザインは、パリのファーウェイのデザイン研究チームが担当。ファッション性を追求し、ムダを一切省いたシンプルなデザインに仕上げた。製品の金具部分は、軽量で強度の高い航空機用のアルミニウムを採用した。カラーは、ブラック、シルバー、ゴールドの3色。価格は、レザーストラップ付きのプレミアムバージョンが199ユーロ、TRUストラップ付きの標準バージョンが169ユーロ。

7インチファブレット「Huawei MediaPad X2」は、厚さ7.18mmで、世界で最も薄い。コンパクトでありながらスクリーンの画面占有率は80%を占め、片手で操作が可能。2.0GHzのオクタコアチップセットを搭載する。LTE Cat6接続に対応し、最大300Mbpsでダウンロードができる。

Bluetoothヘッドセット「Huawei TalkBand N1」は、4GBのMP3用ローカル・ストレージ、通話機能、運動管理機能を搭載。スマートフォンと同期することで歩数記録、距離計算、消費カロリー計算などができる健康・運動管理デバイスとしても利用できる。運動中に着信を逃すことがないように、発信者の名前や電話番号を読み上げる機能も搭載する。重さは18g。IP54の防塵と防水性能を備える。カラーは、シルバー、グレー、レッドの3色。価格は119ユーロ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング