運命に翻弄される双子を桐山照史と神山智洋が熱演!

2015.3.6 15:22配信
左から、真琴つばさ、マルシア 左から、真琴つばさ、マルシア

3月4日より大阪松竹座にて舞台『ブラッドブラザース』が幕を開けた。1983年にイギリスで初演されて以来、ウエストエンド、ブロードウェイをはじめ、世界中で愛されてきたウィリー・ラッセルの代表作で、同年、演劇界の名誉あるローレンス・オリヴィエ賞の最優秀新作ミュージカル賞を受賞。日本でも1991年の初演以来、繰り返し上演されている人気の舞台だ。

「ブラッドブラザース」チケット情報

イギリスの階級社会を背景に、生後まもなく、まったく別の人生を歩むこととなった双子の兄弟マイケルとエドワードの運命を描いたミュージカル。幼少時代から青年期までのマイケルとエドワードを、ジャニーズWESTの桐山照史と神山智洋が熱演する。

初日開幕に先駆けてキャストが作品への思いを語った。実母とともに貧しい家で暮らすマイケル役の桐山は「マイケルは、貧しいながらも幸せいっぱいに育ち、やがて壁に当たって悩み、崩れていきます。そんなマイケルを、いろんな感情を持って観てほしいです」とアピール。裕福な家に引き取られたエドワード役の神山は「エドワードは礼儀正しく育てられ、順風満帆な人生を歩みます。大人になるにつれて現れるマイケルとの食い違いを上手に表現できたら」と意気込みを語った。

また、双子の親であるミセス・ジョンストン役を演じるマルシアは、「ジョンストン夫人はマイケルとエドワードを含む7人の子を持つ母親で、強く生きている人。どんな展開になるのか、最後までごゆっくりお楽しみください」と期待を膨らませるコメントを、物語の水先案内人であるナレーター役の真琴つばさは、「ストーリーテラーとして、時には不吉な風を運ぶ役。女性がナレーターを務めるのは日本版のみです」と見どころを語った。

「エネルギーが爆発するような子ども時代にも注目してほしい」と桐山が明かすように、第一幕はマイケルとエドワードの出生から出会い、そして興味の引かれるままに社会を駆け回る幼い子どもの姿を無邪気に好演。そんな二人が第二幕では一転。異なる育ちゆえにすれ違うそれぞれの心理を巧みに表現している。

ナレーターとして物語を押し進める真琴の確かな歌唱、母親としての強さと優しさが滲み出るマルシアのほか、エドワードの育ての親で次第に心を病んでいくミセス・ライオンズ役の鈴木ほのか、威厳のある存在感が舞台を引き締めるミスター・ライオンズ役の渡辺正、やんちゃな少女からしっかりした女性へと見事な成長を遂げるリンダ役の昆夏美(まりゑとWキャスト)、そして終始、問題を起こし、周囲をかき乱すマイケルの兄、サミー役の渡辺大輔など、多彩なキャストとともに、歌とダンスで時代と運命に翻弄される人々の姿を描いてゆく。

舞台『ブラッドブラザース』は3月15日(日)まで大阪松竹座にて上演。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング