「妙に男慣れした子だな」と男性に感じさせてしまうと、警戒心を覚えさせてしまう“とっかかり”になってしまうこともあります。

せっかくの恋のチャンスも、“男慣れ疑惑”によって台無しになってしまったら、とても残念ですよね。

そこで今回は、男性が「あっ、この子は男慣れしてるかも…」と警戒する、女性の意外なポイントを4つご紹介します。

1. 終電を気にせずにお酒を飲む

「お酒を飲みに行って、終電を気にしないでダラダラ飲むのが平気な子は、男慣れしているニオイがする」(29歳男性)

「終電を気にしないでお酒を飲む女の子は、どんなに見た目が清楚でも、場慣れしている感があるから警戒する」(31歳男性)

終電を逃すということは、タクシーで帰るか朝まで飲むか、はたまた男性と一夜をともにするか…を想像させます。

それでも平然と終電を逃すということは「男と飲むのに、慣れているんだな」と判断するポイントになりがちです。

2. いい雰囲気になると告白をせがむ

「いい雰囲気になっているけど、でもまだ告白まで至っていないタイミングで、男から告白させようと誘導する女は、間違いなく男慣れしていると思う」(30歳男性)

「自分から『告白していいんだよ?』とかってせがんでくる女は、男に慣れている感じがして無理。どんなに可愛く言われても、こういう子は警戒しちゃいます」(28歳男性)

男性が告白しやすいように誘導したり、ダイレクトに「告白していいよ?」と口にしたりする様子は、確かに男慣れしているニオイがしますよね。

ならばいっそ、自分から告白するくらいのほうが好感度は高いのかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます