横浜方面でランチをした帰り、新たなパン屋を開拓すべく思い出したのが、twitterで相互フォローしている「よもぱん」さんです。

“赤いえんとつのあるパン屋さん”とHPにあったので、それを目印に訪問。お店の前に3台分の駐車スペースがあります。

ご自宅も兼ねたお店は新しくて大きくて、「すごいなあ」と思わず口にしてしまうほど。京浜急行「弘明寺」駅からは徒歩10分の閑静な住宅地の中にあります。HPに詳しい地図があります。

お店入口まではゆるやかなスロープになっていて、入口前にはベンチも置かれているので、買ったパンをすぐに食べたい腹ペコさんにはありがたいです♪

台風予報がでていた日曜の午後でしたので、早々にお客様がパンを買っていかれ、陳列棚のパンはだいぶ少なくなってきていました。お家で美味しいパンを食べながら台風をやり過ごしたいと思う私のような方が多いのでしょうね(笑)。

食べやすい菓子パンや惣菜パンが店内正面に並んでいます。どのパンも優しい顔つき。

シェフの前田義昭さんは、横浜・根岸にある食べログでも高評価の老舗「本牧館」などで経験を重ね、とってもパンが大好きな奥様の知美さんと念願のご自分のお店を今年2月にオープンなさいました。

接客をしていた知美さんにお薦めを聞くと、店名と同じ“よもぱん”を推してくださいました。デニッシュ風で生地の折り目が美しい。艶々の表面も美味しそう。こっそりこのパンの開発秘話をお聞きしたので、食べた感想と共にのちほど書きますね。

レジ後ろには食パンが2種類。山型の“もっちり食パン”、角型の“しっとり食パン(はちみつ使用)”。最近は食パンブームなので、好みで選べるのは嬉しいですね。

よもぱんさんで目を引いたのが、パン雑貨の数数。絵本も多く飾られていてお店の方に一声かけると実際に読むこともできます。

常連のお客様が「こんな可愛い絵本があったのでお店に一緒に置いて下さい」と持ってきてくださることもあるそうで、パン好きさんの愛が結集された店内です♪

陳列棚の下の小さい空間はお子様スペースになっていて、大人はしゃがまないと入れない、子供にとっての秘密基地のようです。見るものすべてが可愛くてテンションあがります。

お店の奥にある明るく真っ白な清潔感溢れる厨房では、前田シェフが黙々とパンを作っていらっしゃいました。

シャイなシェフに代わり、明るく元気な奥様の知美さんがお客様と会話を交わし、それを楽しみに来店される方が私の滞在中にも多くいらっしゃいました。

街のパン屋さんの存在意義は、その土地に住む方々にとって毎日通いたくなる、ここに行けば美味しいパンがあっておしゃべりして元気をもらえる、そんなところにもあると思っています。

私自身がパン屋巡りをするきっかけも、転勤先の知り合いのいない土地で寂しくて仕方なかったところに、いつも明るく話し掛けてくださった街のパン屋さんの存在があったからです。

話が逸れてしまいましたが、他にもお店への愛情があふれているものを発見しました! 店内正面左手にある小さなステンドグラスのランプ。よく見ると看板メニュー“よもぱん”など人気商品がモチーフになっています。

このステンドグラス、なんと知美さんがお教室に通ってデザインから手掛けた、ここにしかない作品なんです。このオレンジ色の温かい雰囲気がご夫婦の存在そのものに思えます。

パン好きにとっては見る所がありすぎて、やっと食べたパンの紹介に入ります(笑)。