「いつか会えるキミに」場面カット

『聲の形』の聖地としても知られる岐阜県大垣市が市制100周年を記念して制作したショートアニメ『いつか会えるキミに』をYouTube上で公開しました。

『いつか会えるキミに』は、大垣市が「アニメ先進自治体」を掲げて取り組んでいるアニメーション制作プロジェクト。2018年4月には第1弾として大垣市に伝わる昔話をモチーフに今と過去をテーマにした『おあむ物語』がアニメ化されていました。

今作では大垣市の今と未来をテーマに、人々の生活から市の観光名所などを盛り込みつつ、市が目指すまちづくりを物語が描かれています。

脚本・原作は同市出身の作家・中村航さんが手がけており、エンディングテーマの作詞も担当。歌うのは人気声優の三森すずこさんで、主人公の少女・あんを演じています。

「いつか会えるキミに」は大垣市の観光PRや移住・定住の促進など、市をアピールする目的で制作されたもので、10月6日からYouTube上で無料公開中です。

フィギュアとアニメが大好きなオタク系ライター。「ねとらぼ」や「INSIDE」など、ウェブメディアを中心に活動中。好きなキャラは「初音ミク」。夢はコミケにサークル参加すること。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます