動画と軌跡でゴルフスイング解析、グリップエンド装着型でピクセラから

2015.3.10 21:2配信
グリップエンドに装着しスマートフォンやタブレット端末と接続して使うゴルフスイング改善ツール「Plane Analyzer Plus(PIX-GS100)」

ピクセラは3月9日、ゴルフスイング改善ツール「Plane Analyzer Plus(PIX-GS100)」を3月19日に発売すると発表した。価格はオープンで、同社オンラインショップの税込価格は1万9980円。ゴルフクラブのグリップエンドに装着する小型ユニットで、スマートフォンやタブレット端末とBluetoothで接続し、スイング動画の自動撮影やデータ解析を行う。iOSとAndroidのいずれにも対応する。

これまで同社がゴルフスイング撮影アプリとして提供していた「Plane Analyzer」を進化させ、クラブの動きを感知するセンサを搭載した小型ユニットを新たに開発、セットにして商品化した。スイング動画の撮影・再生に加え、スイングの3D軌跡の記録と再生、さらに、ヘッドスピードやスイング軌道の傾向、フェース角、アタック角の詳細データも数値的に把握できる。一度スマートフォンやタブレット端末をセットすれば、インパクトのタイミングでスイング動画を自動撮影し、クラブの軌跡データを取得できる。プロのお手本スイングとの比較機能や、ライン描画機能を使って、スイングを客観的に解析でき、正しい練習に導くことができる。

発表会の冒頭、神田徹平・取締役営業本部本部長は、「前製品はアプリとして提供していたが、そこで得られたユーザーの声を参考に商品化した。スイングを把握し、問題点を発見、体で覚えるの各ステップに必要な機能が提供できるので、練習の質が向上する」と話す。また「開発にあたっては、永井延宏プロと稲津暢プロのお二方にご協力いただいた。永井プロに監修いただき『活用ガイド』も独自に制作した」と語る。活用ガイドでは、具体的な利用法と練習の仕方を32ページの冊子にまとめた。

発表会に続いた開いた試打会では、永井プロと稲津プロが実際に「Plane Analyzer Plus」をクラブに装着し、利用法のデモンストレーションを行った。打席の後ろにゴルフバッグを置き、スマートフォンを固定する器具をバックに装着、動画を撮影した。撮影後すぐに動画や軌跡をチェックすることも、連続で何度もスイングを撮影した後、まとめてチェックすることもできる。

永井プロは「ユニットはビビッドな黄色だが、クラブに装着した状態では、ほとんど気にならない。グリップエンドに取り付けるため、クラブのバランスもほとんど変化なく、いつものスイングがそのままチェックできる」と話す。また、豪快なスイングを披露した稲津プロは「私のヘッドスピードは通常60m/sぐらいだが、このようなハードヒッターが使っても耐久性は全く問題ない」と語った。

ピクセラは映像関連ソフトや関連機器などを販売してきたメーカーだが、今回の「Plane Analyzer Plus」をMobile Accessory for sportsと位置づけ、同社にとっての新分野として展開していくという。神田取締役営業本部長は「今後の展開としては、クラウドを使った遠隔地レッスンなども開発している。またゴルフだけでなくランニングや野球など、他のスポーツ分野での製品開発も行っていく」と語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング