欧州連合(EU)がサポートする『ヨーロッパ産高品質エキストラバージン・オリーブオイルキャンペーン』では、9月25日~28日に株式会社こだわりや(東京都豊島区)等の大手販売店の協力のもと、店頭プロモーションとスタッフトレーニングを実施しました。 また、同時に、業務用食材卸大手の株式会社久世(東京都豊島区)、全国のスーパーが加盟する一般社団法人全国スーパーマーケット協会(東京都千代田区)、大手商社が加盟する油糧輸出入協議会(東京都中央区)の全面的なご協力を得て、様々なタイプのエキストラバージン・オリーブオイルのテイスティングをセミナー形式で実施しました。



参加した一般消費者や業界団体関係者からは、「エキストラバージン・オリーブオイルには、品種や搾油方法などで香りや風味が異なり、まるでワインのような奥深い世界であることを初めて知りました」、「今回、実際に様々なエキストラバージン・オリーブオイルをテイスティングしてみて、食材とのいろいろな相性があることがわかり、食卓の楽しみが広がった」などの声をいただきました。

このキャンペーンを牽引するオリーブオイル業界団体の1つであるQvExtra!(本部:スペイン)のアルフォンソ・J・フェルナンデス・ロペス氏は「今回の来日で、日本におけるオリーブオイルの関心が非常に高いことを改めて実感しました。その一方で、まだまだ正しい情報が少ないので、今後も積極的に啓発活動を行って行きたい」と語りました。

また、キャンペーンを牽引するもう1つのオリーブオイル業界団体であるCEQ Italia(本部:イタリア)のパスクアレ・コスタンティーノ氏は「一口にエキストラバージン・オリーブオイルと言っても様々な風味があります。繊細な日本の食事に合わせて、様々なオリーブオイルをお楽しみいただけることをお伝えできて、非常に有意義でした」と語りました。

店頭プロモーション及びテイスティングセミナー実施概要
実施期間:2018年9月25~28日
実施内容:

高品質エキストラバージン・オリーブオイルのテイスティング
エキストラバージン・オリーブオイルの品質特性、栄養価、独特の風味に対する理解を深めるレクチャー


 本キャンペーンは、イタリアおよびスペインの業界団体、Consorzio di Garanzia dell'Olio Extra Vergine di Oliva di Qualità (以下CEQ Italia/本部:イタリア) とQvExtra! International(以下QvExtra!/本部:スペイン)に加盟している企業の製品を中心に、ヨーロッパ産高品質エキストラバージン・オリーブオイルのプロモーション活動を行うもので、2017年より3年間、日本の調理学校や、流通業者や量販店のバイヤー担当者へのトレーニング、ストア内での一般消費者に向けたデモンストレーションを通じて、高品質のエキストラバージン・オリーブオイルの品質特性、栄養価、独特の風味に対する理解促進を図ります。


欧州連合(EU)がサポートする高品質エキストラバージン・オリーブオイルのプロモーション主催団体の紹介
CEQ Italia (http://www.ceqitalia.com/en/):

CEQ Italia は、2001 年に設立された高品質エキストラバージン・オリーブオイルのプロモーションを行う非営利団体。同団体は、消費者向けにオリーブオイルの正しい知識を伝え、さらに高品質のエキストラバージン・オリーブオイルが市場に出るまでのクオリティーを保証するための活動にも尽力している。現在、CEQ Italia にはイタリア 全土で 37 のブランドが所属している。

QvExtra! (http://www.qvextra.es/):

QvExtra!は、2013 年初旬に設立され、高品質のエキストラバージン・オリーブオイルをスぺイン国内外でプロモーションすることを目的とした非営利団体。現在、同団体には、42 社が所属しており、その全員がオリーブオイル生産者である。


※本プレスリリースは、CEQ ItaliaとQvExtra!が監修し、配信されています。欧州委員会(EC)、消費者・健康・農業及び食品執行局は、本コンテンツにおける一切の責任を負いません。

The content of this press release represents the views of the author only and his/her sole responsibility. The European Commission and the Consumers, Health, Agriculture and Food Executive Agency (CHAFEA) do not accept any responsibility for any use that may be made of the information it contains.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
関連記事