Xperia XZ3

ソニーモバイルコミュニケーションズは10月11日、アスペクト比18:9、約6.0インチの3D曲面の有機ELディスプレイを搭載した最新スマートフォン「Xperia XZ3」を発表した。

「Xperia XZ3」は、Xperiaシリーズとしては初の有機ELディスプレイを搭載。画面サイズはXperia XZ2の約5.7インチから約6.0インチにアップし、クアッドHD+(2880×1440ピクセル)の解像度を誇る。HDRに対応し、ソニー独自の画像処理エンジンで「持ち運べるブラビア」を体現。一般的な液晶では出せない、完全な「黒」を表現し、広色域で高精細な映像が堪能できる。なお、有機ELディスプレイの採用で、従来の液晶ディスプレイでは必要だったバックライトが不要となったため、前機種「Xperia XZ2」よりも2mmほど薄くなっている。

インタフェースにもこだわり、大画面スマホの課題ともいえる「片手操作」を新機能「サイドセンス」によって大幅改善。バックキーやホームボタン、通知設定など、片手で操作する際、親指で届かなかった操作を、Xperiaのサイド部分を親指でダブルタップするだけでショートカットキーを呼び出し、任意の操作を行うことができる。また、撮影したい時に瞬時に対応できるよう、ポケットから取り出して横に構えるだけでAIが手の動きを検出し、カメラが起動する「スマートカメラ」機能を搭載。撮り逃しを極力抑えられるよう設計した。

メインカメラは約1920万画素で、インカメラは「XZ2」の500万画素から1320万画素に向上し、セルフィーカメラとして進化した。新搭載の「ポートレートセルフィーモード」では、ぼけと美肌、肌の明るさ、目の大きさ、輪郭補正の設定の強度をビューファインダーで確認しながら補正を加えられるため、自在に自分撮りを楽しめる。

IPX5/8の防水、IP6Xの防塵性能を備える。OSはAndroid 9 Pie。カラーはボルドーレッド、ホワイトシルバー、ブラック、フォレストグリーンの4色。

KDDI(au)とソフトバンクが販売する。製品名はauは「Xperia XZ3 SOV39」、ソフトバンクは「Xperia XZ3」で、発売時期はともに11月上旬。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます