玉三郎演出『バラーレ』DAZZLEが見せた新境地

2015.3.11 17:55配信
『バラーレ』 (C)Ayumu Gombi 『バラーレ』 (C)Ayumu Gombi

男性9名で、ストリート・ダンスを基盤に様々な踊りを見せるダンス・カンパニー「DAZZLE」。彼らに、歌舞伎俳優・坂東玉三郎が初めて演出を行った舞台airweave presents『バラーレ』が3月7日に東京・赤坂ACTシアターで開幕した。

【チケット情報はこちら】

これまでDAZZLEは「すべてのカテゴリーに属し、属さない曖昧な眩さ」を標榜し、ナレーションや字幕、映像などを駆使して、物語性の強い世界を展開してきた。和の世界を取り入れた『花ト囮』はその代表例だ。しかし玉三郎は今回、振付を手がけるDAZZLE主宰・長谷川達也に、既存のクラシック音楽を使ってダンスだけで舞台を見せることを提案したという。

作品は三部構成。第一部は、ストラヴィンスキー作曲「春の祭典」を用いて、「生贄」をテーマに踊る。不穏な空気を孕み、やがて激烈に荒ぶっていく音楽と共に、黄色い衣裳を身につけたDAZZLEのメンバーたちがハードなダンスを展開。そこに込められているのは「死からの再生」のイメージだ。

第二部は、マーラー作曲「交響曲第4番」第3楽章で、「平安なる死」が描かれる。衣裳は白。通常は小刻みでスピーディーな動きが多いDAZZLEが、緩やかなテンポで静かに踊るのは新鮮だ。全員が彫像の如くゆったりと腕を伸ばし、風にそよぐように揺れるシーンは繊細な美しさに満ち、また、ふたりがユニゾンで踊るシーンでは、空気が大きく動くのが見えるようだった。アンサンブルも登場してのフィナーレは荘厳。

そして第三部は、ミュージカル『タンゴ・アルゼンチーノ』より、ピアソラらタンゴの音楽に乗せて「情熱の死」を表現。冒頭、ずらりと並べた椅子で、DAZZLEとアンサンブルの総勢33名の男性が黒衣で踊るさまは、イスラエルのバットシェバ舞踊団のダンスを彷彿とさせる。手鏡を持って髪をなでつけたり、タンゴらしくペアで踊りそうで踊らなかったり…と、一風変わった演出も。この第三部では、玉三郎も振付の一部を手がけている。妖艶な中にも真っ直ぐなパワーを感じさせる玉三郎の振付と、必ずどこかに鋭角さや歪みを加える長谷川の振付が、全体の黒いトーンに多彩な陰影をもたらしていた。

三部それぞれ、まったく趣きの異なる世界を、DAZZLEメンバーがフル出演して踊りきった『バラーレ』。進化・深化するその舞台に、千秋楽まで目が離せない。

airweave presents『バラーレ』は3月15日(日)まで、東京・赤坂ACTシアターで上演。チケットは発売中。

取材・文:高橋彩子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング