トランセンドのドライブレコーダーにGPS機能を追加、無線LANにも対応

2015.3.11 18:36配信
DrivePro 220

台湾・トランセンドは、3月10日、GPSを搭載し、無線LANやフルHD録画に対応したドライブレコーダー「DrivePro 220」を発表した。日本国内での発売日や価格、型番は未定。

300万画素のCMOSセンサと、F値1.8の大口径レンズと赤外線フィルタを搭載し、夜間の撮影にも強いドライブレコーダー。高性能レンズと高画質フルHD録画によって、どんなシーンも逃さず記録でき、広角130°のワイドアングルなので左右の映像もカバーする。

本体にはGPSレシーバーを搭載し、日付や時刻、場所を正確に記録し、事故発生時の正しい日時表記や、レスキューを呼ぶ際の現在位置の確認に役立つ。また、無料の専用ツールを使えば、座標を元に走行ルートを地図で振り返ることができるので、旅の思い出を記録できる。

このほか、道路上の車線を監視して、車両が車線から設定値を超えて逸脱すると、ドライバーにアラームで警告する「車線逸脱防止支援システム」や、駐車時の衝撃や不審な動きを感知して、自動で録画を開始する「駐車監視録画機能」を備える。また、iOS/Android向けアプリによる無線LAN経由での本体の設定や、録画した走行記録の閲覧、ダウンロードにも対応する。

対応メディアは最大64GBのmicroSDXC/microSDHC/microSDカード。サイズは幅70.2×高さ63.1×奥行き34.5mmで、重さは90g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング