12インチRetinaディスプレイ搭載の新MacBook、Mac史上最薄・最軽量を実現

2015.3.11 20:46配信
新しいMacBook。11インチMacBook Airと比べても24%薄い

アップルは、ノートブック製品の新しいラインとして、12インチRetinaディスプレイを搭載した新しいMacBookを発表した。4月10日に、Apple Online Store、直営店のApple Store、Mac製品取扱い店を通じて販売を開始する。

すべてのコンポーネントを再設計し、MacBookを刷新。サイズが高さ0.35~1.31×幅28.05×奥行き19.65cm、重さが約920g。「Mac史上最も薄い」としており、最も厚い部分でもわずか約13.1mmで、11インチMacBook Airと比べても24%薄い。

精密なカッティングによって成型した新型のユニボディきょう体に一体化したWi-Fiアンテナと、そのトップケースにはステンレススティール製のAppleロゴを搭載。きょう体すべてが金属製の最初のMacBookとなる。カラーは、スペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色をラインアップする。

また、Macのノートブックとしては初のファンレス設計で、消費電力はわずか5W。効率のいい新しい第5世代 Intel Core M プロセッサとIntel HD Graphics 5300を採用した。OS X全体に行われた最適化とあわせて、新しいMacBookを世界で最もエネルギー効率に優れるノートブックに仕上げた。

さらに、薄型のMacBookにフルサイズキーボードを収めるために、ノートブックの内蔵キーボードの仕組みから完全に再設計。新しいキーボードは、従来に比べて34%薄くなった。Appleがデザインしたバタフライ構造は、従来型キーボードのシザー構造に比べて40%薄型化を実現しながらも安定性は4倍で、どのキーを叩いてもより正確なタイピングを実現する。また、はっきりした打鍵感があり、レスポンスもいい。各キーには、一つずつLEDを備え、全体的に均一の明るさが得られる。

12インチRetinaディスプレイは、薄さは0.88mmと、Macに採用したRetinaディスプレイのなかで最も薄い。また、既存のMacのノートブックのRetinaディスプレイに比べて、30%の省エネルギーを実現しながら、従来と同レベルの明るさを維持する。アスペクト比は16:10、画面解像度は2304×1440ピクセルで、テキスト、写真、ムービーのいずれも鮮明に表示する。

このほか、Macの操作に新たなインタラクティブ性を与える新登場の感圧タッチトラックパッドや、ワイヤレスでのウェブ閲覧なら最長9時間、iTunesでのムービー再生なら最長10時間の駆動に対応するバッテリ、小型ながら多機能で使い勝手にも優れる次世代規格のUSB-Cポート、Wi-Fi規格802.11ac、Bluetooth 4.0などを搭載する。

OSは、OS X Yosemite。MacとiOSデバイス間での作業がこれまで以上にスムーズになる。また、iMovie、GarageBand、iPhoto、Pages、Numbers、Keynoteアプリケーションを無料で搭載する。

ラインアップと税別価格は、1.1GHzデュアルコア Core Mプロセッサ、8GBメモリ、256GBフラッシュストレージ、Intel HD Graphics 5300を搭載するモデルが14万8800円から、1.2GHzデュアルコア Core Mプロセッサ、8GBメモリ、512GBフラッシュストレージ、Intel HD Graphics 5300 を搭載するモデルが18万4800円から。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング