「略奪愛」をする女性をどう思いますか?

彼が結婚しているわけでなければ、好きになった人に「たまたま彼女がいただけ」とも言えますが、“自分が幸せになるためになら、なんでもできる女性”なイメージから、嫌悪感を示す人も多いのではないでしょうか。

今回は、本当にあった「コワすぎる略奪愛エピソード」をご紹介します。

ケース1:小悪魔系で有名な女性に最愛の彼氏を取られました…(29歳女性)

「前の会社の同僚女性に、小悪魔系で有名な子がいて、狙った男性は必ず落とすと噂されていました。

でも、私はその子とはグループも違ったし部署も離れていたので、あんまり気にしていなかったんです。

ところが結果的に、その女にハメられる形で、社内恋愛をしていた彼を略奪されました……。

当時私は、2歳年上の先輩と社内恋愛をしていて、けっこう順調に交際が進んでいました。でも、あるときに彼の様子がよそよしくなり、しばらくしてから『高崎さん(仮名)と付き合うことにしたから、別れてほしい』と、その小悪魔系女性の名前を彼から告げられました。

まさかそんな展開になると思っていなかった私は動揺して、かなりショックを受けたんですが、彼の気持ちが自然にそっちに向いてしまった以上は仕方ないって諦めていたんです。

でも、しばらくしてから他の同僚から聞いた話だと、その高崎さんって女性は社内恋愛をぶち壊すので有名で、手口としてはありもしない浮気話をでっち上げ、男を動揺させ、自分は味方だよって顔をして、奪うのが常套手段だとか……。

そう、私の場合も、私が社内の別の男性と歩いていたのを見たなど、嘘の浮気話をでっち上げられ、まんまと騙された彼が私をフって、その高崎さんのもとに行ったというオチでした。

思い返せば、彼の様子がおかしかったのは、私が浮気していると思い込んでいたからだと思います……」

計画的に他人の恋愛をぶち壊す略奪女性に狙われると、自分の知らないところで、いつの間にかとんでもない展開になっていることもあります。

あとから真実を知っても、取り返しがつかないことになっていれば、悔しさしか残りませんよね…。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます