恋人同士に必要なもの、それはLINEのやり取り。でもなんとなーく送っているだけではNG!なのです。

彼をトリコにさせるにはその内容が大切。会わない時間も愛され続ける……そんなメッセージはあるのでしょうか?

彼の心をつかんで離さないためにはどのような点に気をつければいいのか、探っていきたいと思います。

ポジティブである

基本的に、ポジティブでいるためには意見や議論も不要ということです。彼とLINEで言い合わない、ということに気をつけます。自分の意見も言いたいですが、わざわざLINEでやることではないと思います。

そして、自分の話ばかりしないようにしましょう。自分の話でポジティブ内容となると、どうしても自慢になってしまいます。

ぜひLINEでは、彼を励ましてほめてあげて、話題は彼中心のことにしましょう。

話の最後に「あなたがいてよかった、あなたのような人が恋人でよかった」と加えるのがベスト。

短文で、ときどき休む

男性は長い文章を上手に理解することができませんし、読むことが面倒だと感じます。プレッシャーも大きくなるので、長文はやめて短文を送りましょう。

もちろん暇な時間に送り、仕事中や真夜中は避けること。一日に何度も送らず、ときどき休む日があってもいいでしょう。休むことで“意外性”を狙うのです。

メリハリをつける

メリハリとは強弱をつけること。時間やタイミングもときどき外して、内容もときどき外して、「面白い」と思わせるのです。

これは難しいことではありません。ただ、内容を多岐に渡らせてみたり、かんたんな相談をします。最近話題のこと、知ったこと、読んでみた・使ったという短い感想、模様替えをしたという写真、きれいな風景などなど。

ワンパターンは飽きますが、毎回メリハリを作るのも大変です。ときどき行うのがいいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます