ASUS、4万9800円のWiMAX対応タブレット「Eee Pad TF101-WiMAX」

2012.2.14 18:51配信
Eee Pad TF101-WiMAX

ASUSTeK Computer(ASUS)とUQコミュニケーションズは、高速モバイル通信「WiMAX」モジュールを搭載したタブレット端末「Eee Pad TF101-WiMAX」を、2月25日に発売する。価格は4万9800円。「UQ WiMAXオンラインショップ」では、3月1日から販売する。

「Eee Pad TF101-WiMAX」は、10.1型ワイドのIPS液晶ディスプレイ、1GHzのNVIDIA Tegra 2モバイル プロセッサ、500万画素のカメラなどを搭載したタブレット端末。メインメモリは1GB、フラッシュメモリは約16GB、OSはAndroid 3.2.1で、オフィス互換ソフト「olaris Office」をプリインストールする。また、別売のモバイルキーボードドックを接続すると、ノートPCのようなスタイルで使うことができる。

10インチクラスのタブレット端末として、日本で初めてWiMAX通信機能を内蔵し、UQ WiMAXのサービスエリア内なら、本体だけでWiMAXによる下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsの高速インターネット通信を利用できる。テザリングにも対応し、最大6台のWi-Fi(無線LAN)対応機器を同時にインターネットに接続できる。

別途、WiMAX通信サービスを契約することで、標準搭載するリモートデスクトップ機能「MyDesktop」を使って離れた場所にあるPCを遠隔操作したり、「ASUS Webstorage」上でデータ共有したりでき、従来のWi-Fiのみの「Eee Pad TF101」に比べて幅広い用途で活用できる。サイズは幅271×奥行き177×高さ約13mm、重さは約695g。カラーはブラウン。バッテリ駆動時間は約9.5時間、別売のモバイルキーボードドック接続時は約16時間。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング