PCレスでスマホに音楽取り込む「CDレコ」がNASにも対応、I・Oデータ

2015.3.13 20:46配信
「CDレコ」(画面左)とスマートフォンを直接つなぎ、楽曲を取り込んでいるところ。画面右奥の黒い三角形の筐体の製品がスマートフォン向けクラウドストレージ(NAS)、「ポケドラ Cloud HLS-C」

アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、「CDレコ」シリーズの専用アプリ「CDレコ」をバージョンアップしたと発表した。iOSとAndroidの両方に対応し、スマートフォンなどに直接音楽CDを取り込めるドライブ「CDレコ」。今回のバージョンアップで、LANにつながったNAS(ネットワーク接続ハードディスク)にも、PC不要で音楽CDを取り込めるようになった。また「CDレコ」で取り込んだ曲も、スマートフォンとNASの間で出し入れが可能になった。

スマートフォンの空き容量を気にせずに、たくさんのCDをNASに保存でき、保存した曲を、家庭内で共有して楽しむことができる。NASからストリーミング再生で音楽を聴くこともでき、ダウンロードして曲データを持ち歩くこともできる。これにより、まったくPCを使わずに音楽の取り込みや保存、再生などを、容量を気にせずできるようになった。また、例えばこれまでiPhoneにCDレコで取り込んだ曲のバックアップをNASに保存することもできる。

音楽取り込みドライブ「CDレコ」の価格はオープン。同社の直販サイト、アイオープラザでの税込価格は、Wi-Fi接続タイプの「I-W24AI」が1万778円、ケーブル接続タイプの「CDRI-S24A」が8640円。なお、すでに「CDレコ」シリーズを使っているユーザーもアプリをバージョンアップすると新機能が利用できるようになる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング