LG、裸眼3D対応の25型液晶ディスプレイ「D2500N-PN」、2月下旬発売

2012.2.15 12:30配信
CINEMA 3D D2500N-PN

LGエレクトロニクス・ジャパンは、視差バリア方式の裸眼3Dに対応する25型液晶ディスプレイ「CINEMA 3D D2500N-PN」を、2月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は15万円前後の見込み。

解像度1920×1080、応答速度5msの25型ワイド液晶パネルを搭載。パネルの液晶フィルタが視差バリアとなって左眼用と右眼用のイメージを分離し、フィルタを通ったイメージがそれぞれの眼に届くことで、裸眼による3D視聴を実現。視差バリアは3Dモードのときにだけ機能するので、2Dモードに切り替えれば通常のフルHDモニタとして使用できる。

本体上部に「ヘッドトラッキングカメラ」を搭載。見る人の顔の位置をリアルタイムで追跡し、角度と距離を計算して3D映像を最適化し、常に高画質の3D映像を提供する。また、ブラックレベル、コントラスト、シャープネスを高める「3Dカラーエフェクト」機能で、暗くなりがちな3D映像を明るく再現する。

「SUPER Energy Saving」機能によって、輝度の低下を抑えながら消費電力を低減。累積の節電量やCO2削減量は、オンスクリーンディスプレイ(OSD)上で確認できる。また、裸眼対応3Dディスプレイとして、初めて米国の電気製品安全性認証「UL規格」を取得している。

入力端子は、DVI-D(HDCP対応)×1、HDMI×1。サイズは幅594.3×高さ444.8×奥行き259.7mmで、重さは9.2kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング