みっふぃーあんぱん

オランダの絵本作家、ディック・ブルーナが生み出したうさぎのキャラクター、ミッフィー。キャラクターグッズも人気ですが、ブルーナの絵本の読者には、主人公の「うさこちゃん」としても親しまれています。

2018年10月3日、京都・嵐山に、ミッフィーと和の要素をコラボさせた新しいお店がオープンしました。テイクアウトのパン屋さん「みっふぃー桜べーかりー」を併設したグッズショップ、「みっふぃー桜きっちん」です。

現地を取材してきたライターが、ふっくら焼けた可愛いパンや、ここにしかないオリジナルグッズを紹介します!

ミッフィーをモチーフにした可愛いパンがいっぱい!

「みっふぃー桜きっちん」は、嵐山の代表的な観光スポット、渡月橋や天龍寺にも近いメイン通りにあります。

建物は、京都らしい町家風の和風建築。ミッフィーの顔の形をしたパンの看板が目印です。店を訪れると、外まで甘ーいパンの香りが漂っていました。

店内は、右側がベーカリーと厨房、左側がグッズショップになっています。まずは焼きたてのパンが並ぶベーカリーへ!

ミッフィーのパンなんて可愛いに決まってる…とは思っていましたが、実際にミッフィーやにんじんをモチーフにしたパンがずらりと並ぶさまを目の当たりにすると、想像以上の可愛さで、全種類持ち帰りたくなります。

種類も豊富。ベーカリーに並ぶパンの種類は約30種で、そのうち10種以上がキャラクターのパンなのだそう。

お店の一押しは、ミッフィーの顔をかたどった「みっふぃーあんぱん」(260円)。

後で試食したところ、香ばしく焼けた生地の中に、ほどよい甘さのふっくらした粒あんが詰まっていて、シンプルながらとってもおいしいあんぱんでした。2、3個ぺろりと食べられそう。

そのほか、濃厚な抹茶クリーム入りの「みっふぃー福だるまパン」(350円)、分厚いだし巻き玉子を大胆に挟んだ「みっふぃーだし巻き玉子サンド」(280円)、ひじき煮やきんぴらごぼうを乗せた「おばんざいデニッシュ」(230円)など、和の素材を使ったパンが多く並びます。

取材時には、栗の甘露煮を盛りつけた「季の香デニッシュ(マロン)」、お芋を乗せた「季の香デニッシュ(サツマイモ)」(いずれも230円)という秋冬の限定パンもありました。

「ミッフィーは、世界中の人に愛されているキャラクター。ディック・ブルーナさんが描いた絵本の世界観を大切にしながら、家族旅行などで来店した人の記憶に残る商品になるよう心がけました」

そう話すのは、「みっふぃー桜べーかりー」の商品開発を担当した株式会社 寺子屋の嶋津健さん。

「子どもにも安心して食べさせてほしい」との思いから、パンにはできるだけ保存料を使わず、やさしい味わいに仕上げているそうです。