あざとい女性が飲み会で密かにやっているテクニック。小悪魔的な女性は、男性の心を翻弄するのが上手です。単純な男性なら、簡単に引っかかってしまうかも。

所々、見習うのもアリ!?

今回は、いつの間にか男ゴコロを掴んでしまうモテ子のテクニックをご紹介します。

1: 本命と二番手、二人の男性をいっぺんに惚れさせる

二人の男性の心を同時につかんでしまうテク。それは飲み会で座る場所にカギがあります。

本命をA君、二番手をB君と、二人に狙いを定めたら、B君の正面に座り、A君を自分の隣に座らせます。これがうまくできれば、ほぼ、戦略は成功。

会話中は、正面にいるB君に、笑顔で好き好きビームを送り「B君、すごいね」などと名前を連発。そうしながらも、こっそり隣のA君にボディタッチ。

こうして二人の男性のハートを、同時にゲットしてしまうのです。

2: わざと「できない」を演じる

「不器用だから、お料理取り分けるの苦手なの。〇〇くん、お願いしていい?」

「お酒、飲みきれなくなっちゃった。〇〇くん、わたしの分も飲める?」

こんなふうに、あえて「できない」を演出。

男性は、女性に頼りにされると嬉しい、という本能的心理を持っています。「しょうがないなぁ」なんて言いながらも、何かと頼りにしてくれる女性に、いつの間にか好意を抱いてしまうのです。

3: 「初めて~!」を連発する

「このお店、初めて~! 素敵ね、誰のチョイス?」

「こんなにおいしいワイン、初めて飲んだ~!」

「こんなに話が合う飲み会、初めて~! 楽しいね~」

このように、何かと「こんなの、初めて~!」を連発。もしかしたら、初めてではないのに、わざと言っている場合もあるかもしれません。

男性は、能力のプレゼンテ―ションをしたいという欲求があります。恋愛ならば、自分には女性を喜ばせる力がある、と認識することで自尊心が満たされるのです。

なので、女性から嬉しそうに「こんなの、初めて~!」と言われると、その気になってしまうのです。

4: 戦略的なボディタッチ

「ここに、何かついてるよ~」と男性の顔をさわる。

「えり、曲がってる~」と男性の襟元をなおす。

こうした戦略的なボディタッチを使いこなすのも、小悪魔女性の特徴です。触れる必要がないにも関わらず、あえてそんな状況を演出しているのかもしれません。

あくまでさりげなく、そうとは気づかれず、いつの間にか男ゴコロは彼女の手に落ちていくのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます