『美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション』発売! 珠玉のラブストーリーがもっと興味深くなる5つのトリビア

2015.3.19 10:30

今なお多くの人に愛されるディズニー珠玉のラブストーリー『美女と野獣』。『美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション MovieNEX』発売にともない、もっとおもしろく鑑賞するための、5つのトリビア&雑学を紹介します。

2015年3月18日(水)に、『美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション MovieNEX』が発売されました。

日本では1992年9月に公開され、今でも多くのファンに愛されています。

劇中で登場するキャラクターたちは、東京ディズニーリゾートをはじめとして、世界各国のディズニーパークで親しまれています。

今回はそんな『美女と野獣』の見方が変わる、5つのポイントについて解説していきます。

 

1. アカデミー賞を受賞したミュージカル・ナンバーの秘密

『美女と野獣』の見どころといえば、なんと言っても、劇中で使われている数多くの音楽でしょう。

劇中で使われている楽曲は、ハワード・アッシュマンと、アラン・メンケンのコンビが手がけました。

この2人は、映画『リトル・マーメイド』でも楽曲を手掛けたコンビで、主題歌「ビューティー・アンド・ザ・ビースト」は、アカデミー歌曲賞を受賞しました。

またアラン・メンケンは、この作品でアカデミー作曲賞も受賞しています。

実はハワード・アッシュマンは『美女と野獣』の公開を見ることなく、1991年3月にAIDSで亡くなっています。

そのため、『美女と野獣』のエンドクレジットには、彼への追悼メッセージが書かれているのです。

アカデミー賞の授賞式では、亡くなった彼に代わってビル・ローチがオスカー像を受け取っています。

ちなみに『美女と野獣』はアニメ映画で初めて、第64回アカデミー賞で作品賞にノミネートされました。

当時アカデミー賞には長編アニメ映画賞がなく、この作品がアニメーションという枠を超えて評価されたことがよく分かります。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント