30歳超えても「キレイ!」な人と、そうじゃない人を分ける5つの注意点

2015.3.19 10:30

三十路を越えてもなお魅力的で、「若い!」「きれい!」と思われる女性と、そうではない人の違いはどこにあるのか、探ってみました。

三十路を越えると、女性は少しずつ「老い」を実感し始めます。またそれは、男性よりも「美」や「若さ」にこだわりがちな分、顕著に感じられるでしょう。

しかし、30代に突入してもなお魅力的で、男性の目を引く女性がいるのも事実。三十路を越えても「きれい!」と思われる女性と、そうじゃない人の違いはどこにあるのか、探ってみます。

 

恋をしている

愛する人がいると「良く見られたい」「好かれたい」という意識がつねに高まっています。それは外見や立ち居振る舞いを気遣うことに繋がり、周囲からも好印象を持たれるきっかけとなるでしょう。

既婚者であっても旦那さんへの愛が薄れていない女性は、所帯染みたところがなく、若々しい雰囲気の人が多いといえます。幾つになっても恋心を持ち続けるということは「美」の維持に繋がるんですね。

 

好奇心、向学心が貪欲

肩書きが学生じゃないからといって、勉強しなくていいわけじゃありません。社会人として働くようになっても、未知のことは山ほどあるはず。働く上でプラスとなる知識を得たり、資格を取得したりするのは、人間性を高める上でも重要だといえます。

また、若さを失い始める30代女性にとっては、内面からにじみ出る魅力をいかに高めるかが大事なのです。

好奇心や向学心が旺盛で、知らないことをそのままにしておかない女性は、イキイキとした雰囲気があり、周囲に元気な印象を与えます。しかも、年齢に応じた教養を備えていたり、聞けば感心するような知識を持っていたりすると、聡明な女性として男性から一目置かれるのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント