楽天モバイルが高速通信容量を増量、4月1日から、月額料金は据え置き

2015.3.17 18:40配信
4月1日から、より大容量の高速通信サービスが利用できる

楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは、「楽天モバイル」の高速通信量の月額料金を据え置いて大幅に増やし、4月1日に提供を開始する。

「楽天モバイル」は、NTTドコモのLTE網を利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)サービス。今回、4月1日に高速通信の通信容量を変更する。下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsの高速通信が利用できる既存の「2.1GBパック」を「3.1GBパック」に、「4GBパック」を「5GBパック」に、「7GBパック」を「10GBパック」とする。既存ユーザーも、4月1日から新プランの通信量を適用する。月額料金は据え置く。

4月1日から提供する新プランの税別料金は、「3.1GBパック」の通話対応SIMが1600円、データSIM(SMS有り)が1020円、データSIM(SMS無し)が900円、「5GBパック」の通話対応SIMが2150円、データSIM(SMS有り)が1570円、データSIM(SMS無し)が1450円、「10GBパック」の通話対応SIMが2960円、データSIM(SMS有り)が2380円、データSIM(SMS無し)が2260円。

このほか、「楽天モバイル SIMアプリ」に、高速通信の切り替えができる新機能を2月28日に追加した。高速通信と低速通信を利用状況に応じて切り替えることが可能。メールやウェブ閲覧などの高速通信を必要としない場合は、高速通信をオフにすることで、高速通信容量を節約することができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング