大泉洋、主演作の完成披露で過酷な撮影に恨み節!

2015.3.17 20:33配信
大泉洋

俳優の大泉洋が3月17日に都内で行われた主演作『駆込み女と駆出し男』の完成披露試写会に、共演する戸田恵梨香、内山理名、神野三鈴、堤真一、原田眞人監督とともに出席。堤から折檻を受けるシーンを振り返り、「スタントマンさんを用意するような過酷さなのに、監督がカットをかけないんですよ」と恨み節。一方、「大泉さんをいじめるのが、どんどん楽しくなって」(堤)、「そんなシーンを撮った記憶ないなあ」(原田監督)と当の本人たちは涼しい顔だった。

完成披露試写会の模様

井上ひさしの時代小説『東慶寺花だより』を原案に、江戸時代の離婚事情を描く人情エンタテインメントで、江戸時代の駆込寺である東慶寺を舞台に、離縁を願う女たちの手助けをする医者見習いでありながら駆出しの戯作者でもある男(大泉)と、さまざまな事情を抱えて寺に駆込んでくる女たちの織り成す人間模様を描く。

大泉は「骨太で重厚ですが、かなり笑えてエネルギーをもらえる作品。ぜひ、のほほんと楽しむだけじゃなく(笑)、しっかり良い作品だと周りに広げてください」と観客にアピール。雨男で知られるが、「今日は晴れて本当によかった。公開初日に(雨が)降らないのを祈るばかり」と上機嫌だった。

“駆込み女”役の戸田は、初の時代劇出演で「テンポが速いので、台詞は大変でしたが、今までにないポップな時代劇になった」と手応え十分。堤は裏の顔を持つ唐物問屋の主人を演じ、「客観的に見ても、めちゃくちゃ面白いです!」と出来ばえに太鼓判を押した。

時代劇を手がけるのが「50年来の念願だった」と語る原田監督(『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』)は、「時代がどんどん悪くなるなか、今よりさらに悪い時代を生きた当時の人々が、健気に立ち向かう姿を見てもらえれば。ぜひいい夢を見てください」と感無量の面持ちだった。

『駆込み女と駆出し男』
5月16日(土) 全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング